HOME › ウッドデッキのある風景 › ハードウッド

ウッドデッキのある風景

兵庫県神戸市で、両サイドに階段があるビリアン(ウリン)のウッドデッキを作ってきました

2020年10月18日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

8月2日に前回ご紹介した神戸のアクロバットなビリアン(ウリン)デッキを完成した後、もう一つほんのちょっとアクロバットな和歌山県有田郡のSPFデッキに取り掛かっているのですが、その合間で今日ご紹介する神戸市の両サイドに階段があるビリアン(ウリン)デッキを組んできました。

8月5日に和歌山の既存のデッキを解体して、8月8日には神戸でウッドデッキ工事。

なんと1週間で3回も明石海峡大橋を渡っていたのです。

8月2日だけ同乗者がいましたが、あとの2回は私一人で走りましたので、作業も大変ですが、道中も大変なのです。

 

 

P1260493

先週までのアクロバットな工事を思うと、平坦なというだけでホッとします。

まずは束石を据えるのですが、今回は緩い階段を作るために、束石を高くすることができませんので、コンクリート平板を使いました。

平板を敷いて、高耐食鋼製束を施工したところで、10時の休憩。

その後私と大工さんの3人でどんどん作業を進めますが、緩い2段の階段が残ってしまいました。

P1260497

ここまで作業をしてこの日は現場を後にします。

部材の選択はいつも通り。

ビリアン(ウリン)材

床板・幕板 20×105

根太・大引き 45×70

束 90×90

内部の束は高耐食鋼製束

 

8月9日は和歌山県の工事を半日私も手伝って、私と大工さんは別れました。

午後3時神戸の最終工事開始。 1時間半ほどで、無事完了しました。

P1260519

ウッドデッキが庭を分断しますので、緩い階段で上がって反対側も緩い階段で降りるという構造です。

 

P1260520

この作業の流れはとてもよかったです。 というのも、ここを17時半にでて、家に着いたのが19時半。

これくらいなら翌日に疲れが残りません。

和歌山だともう2時間かかりますので、同じ時間に現場を出たら21時半。 この時間はいつもならもう夢を見ている頃。

次の日が辛いんですよね。

 


兵庫県神戸市でウッドデッキの工事の依頼はウッドデッキネットへ

兵庫県神戸市で、「えっ? 嘘やろ??? どうやって家に入るん???」というウッドデッキをビリアン(ウリン)で組んできました その4

2020年10月17日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

神戸のアクロバットなビリアン(ウリン)デッキの最終回です。

7月に掛かった仕事は7月でかたを付けたかったのですが、7月の最終週は毎日雨。

8月2日に最後の勝負に出かけました。

P1260429

前回ここまで作業をしていました。 お昼休み明けに雨に打たれてしまいましたが、もし夕方まで作業をしていれば、最終日は私一人でも作業できるくらいまではできていたのですが・・・

最終日に夕方まで作業予定を入れると、必ずと言っていいくらいほんの少し時間が足りなくなります。

安全をみて、これだけの作業に4人投入して万全を期しました。

 

午前中でやりきるぞーーー!!!!

と意気込みましたが、やっぱりほんの少し残って、作業完了は14時。

 

P1260442

長々と工事をしましたが、無事完了。

これで玄関のアプローチも安心して歩くことができるようになりました

 

P1260457

前は物置がありましたが、取っ払って手すりに変更しました。

少し広くなって、玄関回りもすっきりしました。

 

P1260460

このアプローチを抜けると目の前に明石大橋が見えます。

梅雨明け直後の強い日差しの中2時間ほど走って家路に着くとしましょうか。

いい仕事を終えて、いい天気の日に帰るときは気分も良いものです。

 

中々これくらアクロバットなシチュエーションは無いかと思いますが、私に不可能の文字は無い。 くらいの勢いでなんとかいいもの作りますよ。

 

<その3に戻る

 


兵庫県神戸市でウッドデッキの工事の依頼はウッドデッキネットへ

兵庫県神戸市で、「えっ? 嘘やろ??? どうやって家に入るん???」というウッドデッキをビリアン(ウリン)で組んできました その3

2020年10月14日

皆さんこんにちは。 アイアンウッドです。

神戸の崖地のウリンウッドデッキ工事は、1泊2日で3回作戦を立てました。

が・・・

今年の7月は長雨だったんですよね。 これまでの2週間が雨に打たれなかったのが不思議というべきか、それである面舐めていたのかもしれません。

今回は、さすがにそううまくいかなかったのですが・・・

7月23日の朝一番の写真をもう一度ご覧ください

P1260403

ビリアン(ウリン)材

束・柱は70角。根太大引きは45×70。床板は20×105で、特別いつもと違った仕様にはしておりません。

 

別アングルで見るとこんな感じ。

P1260405

私が立っている場所が道路なのですが、2建ての住宅の屋根とほぼ同じ高さ。 どれだけ勾配がきつい崖地であるかお分かりいただけるでしょうか?

 

P1260411

作業を進めないといけませんが、通路も確保しないといけないので、こういったややこしい場所は後回しにして、どんどん進められるところを優先して作業をしました。

 

P1260414

7月14日、朝10時。 この部分の施工が終われば完了です。

奥の方と違って、普通に体が立つ高さですし、横向きのカーブもありませんので、ここまで進めば後は楽勝!!!!

 

のはずだったのですが・・・・

 

南から暗雲が立ち込めてきて、お昼休みには本ぶりの雨。

P1260419

もう半日あれば、ほぼほぼ終わっていたのですが、ここまで作業をして、午後2時に現場を後にしたのです。

 

<その2に戻る           その4に進む>

 


兵庫県神戸市でウッドデッキの工事の依頼はウッドデッキネットへ

兵庫県神戸市で、「えっ? 嘘やろ??? どうやって家に入るん???」というウッドデッキをビリアン(ウリン)で組んできました その2

2020年10月13日

皆さん こんにちは。 アイアンウッドです。

請けた仕事はやり遂げないと!!

って言っても、さて何からどう手を付けるべきか?

悩んでも始まりません。

短期間で勝負をつけるのには無理がありますので、1泊2日を3回に分けて作業をすることにしました。

初回は7月18-19日。

解体しながら、玄関の出入りも考えないといけないのですが、1日だけは通行不可能になることをご了承してもらって玄関前を解体しました。

P1260342

下から見上げてみましたが、これでどうやってウッドデッキを組めっていうの???

という感じが伝わりますでしょうか?

5尺の脚立を置いていますが、この高さじゃ玄関に入ることすらできません

 

P1260327

とにかく、基準になる高さを決めないと仕事が始まりませんので、擁壁に墨を打って、施工スタートです

 

 

P1260336

家の反対側にウッドデッキがあって、こちらはのんびりしているんですよね

景色はいいし、天気もいいし。 一休みしたら、また崖に戻って仕事をしますか!!

 

 

P1260326

1日目は大きめのトラックにビリアン(ウリン)材を山積みしていましたが、そのトラックは日帰りですので、後の段取りを考えながら通路に降ろしました。

2日目の朝は前回ご紹介したウッドデッキの仕舞をして、10時過ぎにこちらの現場に入ったのですが、二人で必死に頑張っていたので、写真を撮りそびれました

翌週の朝一番に撮った写真をご覧ください。

P1260403

とにかく、玄関を使えるようにしないと帰ることができませんので、必死でここまで作業をして、帰路についたのです。

 

<その1に戻る       その3に進む>


兵庫県神戸市でウッドデッキの工事の依頼はウッドデッキネットへ

兵庫県神戸市で、「えっ? 嘘やろ??? どうやって家に入るん???」というウッドデッキをビリアン(ウリン)で組んできました

2020年10月11日

みなさんこんにちは。アイアンウッドです。

緊急事態宣言が空けて、2件関西でリハビリ向きのビリアン(ウリン)のウッドデッキを組みましたが、3件目はめっちゃハード。

いつもは現調に行かずに見積もりをするのですが、この案件は写真を見た瞬間。「これは無理」という言葉しか出てきませんでした。

 

16年前にスギで作ったウッドデッキが腐っていて、やり替えたいという相談なのですが・・・

 

まだ緊急事態宣言が出ていた5月21日に車で現地調査に伺いました。

高速道路にはこんな電光掲示

P1250777

「不要不急の外出自粛 都道府県を超える移動は避けて」

P1250778

いつも賑わっている淡路SAにはわずか8台しか車が居ない。

こんな時に街中じゃないとは言え、神戸市に行くのはもしかしたら犯罪行為なのだろうか???

 

P1250780

って人の気持ちは思いっきり後ろ向きだけど、自然はのんびり・雄大なんですよね。

現場はココから直線距離だとわずか5km。 ここまで来て引き返すわけにいきませんよね。

 

P1250796

すんごい崖地で、アプローチはわずか幅は1m強で、道路からこちらに向かってかなりの下り勾配。

 

反対側を見てみると・・・

P1250797

玄関の向こうは2m以上下に地面が!!

そりゃそうでしょう。 ここ2階なんですもの。

ウッドデッキが無ければ、はしごで玄関に入れっていうの???

またすんごい家建てたもんです。

 

やっぱり明石大橋渡らずに引き返したほうが良かったんでしょうか?

 

その2に続く>

 


兵庫県神戸市でウッドデッキの工事の依頼はウッドデッキネットへ

兵庫県神戸市で、2年前に作ったビリアン(ウリン)のウッドデッキを改修してきました

2020年10月9日

みなさんこんにちは。

台風の影響で、冷たい雨が降っていますが、3か月くらい針を戻して施工例をご紹介します。

今考えると、よくあの梅雨の後半に大阪とか神戸で工事ができたものだと思います。

毎日天気予報を見て、ギリギリまで粘ってGOを掛けていたのですが、前回のお宅も今回のお宅もうまく雨をかいくぐって予定通り工事ができました。(ちなみに初日が7月12日で仕上げが7月19日)

P1260306

2年前の5月に作ったビリアン(ウリン)のウッドデッキです。

めっちゃ日当たりが良いところで、良い感じに色が抜けていますね。

 

今度お孫さんが来るとのことで、それまでに手すりを付けてほしいという依頼がありました。

せっかくなので、階段の横を拡張したいということで、二つ返事で請けました。

P1260307

前回ご紹介した箕面市の案件同様、1日で完成するはずだったのですが、柱を立てるのと、縦格子に手間取って、ここで1日目の作業完了。 残念ながらあと2~3時間くらいの作業を残してしまいました。

木材は全てビリアン(ウリン)

柱は90角

笠木は30×105

縦格子は30×40

上下の枠は30×90(特注)です。

 

残りの作業予定時間が2~3時間とは言え、現場は神戸で会社から2時間半掛かります。

近ければどうにでもなるのですが、遠方の仕事だと、ちょっとした仕事を残しても一日仕事になってしまいます。

この日は一度帰って、翌週もう一件の現場の合間に伺うことにしました。

 

明るいうちに明石大橋を渡ったのですが、その近くでものすごい現場が来週待っているんですよね・・・

 

 

P1260346

キチンと寸法を測って帰っていましたので、事前に会社で用意ができたおかげで、現場作業は1時間ちょっとで無事完成。

P1260352

ここはお孫さんのステージになるのかな???

 

これくらいの現場だと、お客様に写真を頂いて、寸法はお客様に測って頂いて準備をします。見積もりや、施工前に現地調査をすることなく、現場一発勝負をすることが大半です。

前回の箕面市も今回の神戸市も現場調査はせずに現場入りをしていますが、大きなトラブルは起こらず、無事完工することができました。

 

翌週の現場は間違ってもそんなことができないのですけど・・・

 


兵庫県神戸市でウッドデッキの工事の依頼は、ウッドデッキネットへ

大阪府箕面市で、ビリアン(ウリン)で駐車場の上というか、ベランダというか。というようなウッドデッキを作ってきました

2020年10月8日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

更新の頻度が少なくてすみません。

仕事はめちゃくちゃ忙しくて、日々東奔西走しています。

実際の季節は、秋真っ盛りなのですが、時計の針を梅雨明け当時に戻して、いくつかの現場をご紹介したいと思っています。

緊急事態宣言が空けて、関西での仕事第一号のお宅をご紹介します。

大阪府箕面市の1戸建てで、駐車場の上に防水をしてテラスにして、一部菜園にしているお宅から5mx1.65mのウッドデッキを作って欲しいという依頼がありました。

ご依頼の内容から1日で工事を完了できるようにいろいろ考えて簡単に施工出来て、めっちゃ良く見える案を提示しました。

P1260033

ビリアン(ウリン)で、根太・大引きは45×70を平使い。

高さが低いデッキの高さ調整に重宝するマルチポストを束に使いました。

前に書いたのですが、マルチポストの高さが低いものは、調整代が小さいです。 現場調査をしたときに、レベルを正確に測っていない限り、失敗することが良くある。というよりも、失敗しない方が稀。というのが実際のところなのです。

今回だと5A型が最適と踏んでいましたが、一部4Aでないと対応できないところがありました。

1日で作業を終えるのが、最大の目標ですので、失敗は許されませんので、4Aを少し予備で持ち込んでいましたが、予備の材を使い切ってなんとか根太組が午前11時に完了。

根太が組めればこちらのもの。

P1260037

ビリアン(ウリン)の20×105の床板をウッドデッキビスでばんばんビス止めしていきます。

お昼休みをきっちり取っても、2時過ぎにほぼ作業が終わりました

 

時間に余裕があるので、余った材でこんなのを作ってみました

P1260043

固定していませんので、自由自在にスライドできる踏み台。

 

P1260049

3時の休憩に家の中からパチリ。

朝とは全然違う風景になって、お客様は大満足。

私も予定通り1日で作業を終えて、まだ明るいうちに明石大橋を渡って家路につきました。

まさかその途中で、あんな現場が待ち受けているとも知らないで・・・・・・・・・

 


大阪府箕面市で、ウッドデッキ工事の依頼がありましたら、ぜひウッドデッキネットへ

ウッドフェンスに適した材って??? その4

2020年6月24日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

続きを書こうと思いながら、時間に追われる日々で・・・

第4弾は詰め込んで書きたいと思います。

ウッドフェンスから少し外れますが、広島県尾道市・以前紹介したイタウバのパーゴラ付きのウッドデッキの話です。

P1160196

2017年1月に施工して、1年後の様子です

伺ったのは、「柱が折れている」という電話が掛かってきたからなのです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、左の方に向かって柱が反っていて、家との隙間が1年前よりかなり大きくなっていました。

構造上、上の方で矯正することができません。

反った材を元に戻すことも不可能ですので、取り合えず床板を外してみました。

P1160199

これだけしか高さがありませんので、できることは限られますが、なんとか見栄え良くすることはできました。

P1160202

手直し後の写真ですが、写真だと反りが酷くなっているように見えますが、実際にはかなり良くなっています。

家との隙間を上と下で見比べてください。

この現場で、イタウバの暴れは想像していたより遥かに大きいことを感じた次第です。

 

それから2年。 今年の春に香川県綾歌郡でイタウバの12×105の材を販売した方のお宅に伺いました。

P1260009

施工から2週間ほど経っていません

正面から見ると綺麗なのですが・・・

P1260012

うーん。 写真だと思ったより綺麗に見えますが、かなりガタガタになっています。

柱ピッチは1mでこれですから、イタウバをフェンスの横板に使うのは、ちょっと勧めない方がよさそうですね。

 

別の樹種ならどうでしょうか?

2017年夏にセランガンバツの12×100の板を販売した、香川県坂出市のお宅です。

IMG_20200618_054243

屋根は無いのですが、近くにカーポートがあるおかげでしょうか?

2年半経過した割には、木の色がかなり残っています

IMG_20200618_054206

屋根が近くに無いところだとこんな感じ。

通りはきちんと出ていますので、イタウバのように反ってガタガタになっているという感じはしません。

ただ、セランガンバツはビスの部分が黒っぽくなりますので、雨だれで見た目は美しくないんですよね。

 

最後に香川県坂出市で、昨年木塀の補助金を使ったお宅

DCP PHOTO

手前が今回新設したヒノキのフェンス。 奥に見えるのが、セランガンバツ12×100に塗装をしたフェンス。(2年経過)

今回いろいろ見たけど、私はセランガンバツに塗装をしたのが一番良く見えました。

ヒノキの塗装が2番手と言うことで如何でしょうか?

 

<その3に戻る


広島県尾道市・香川県綾歌郡・香川県坂出市でウッドフェンス・ウッドデッキのことは、ウッドデッキネットにご依頼ください

ウッドフェンスに適した材って??? その3

2020年6月15日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

香川県高松市の我が家のウッドフェンス? のメンテナンスの話を続けます。

 

イタウバの方は見違えるように綺麗になりました。

こちらがメンテナンス前(施工から3年半経過)

IMG_20200405_122733

 

こちらがメンテナンス後

IMG_20200405_140654

なんとか反りも収まりましたし、塗料もうまくのりましたので、新品に変えたのか? と見間違うくらいの状態になりました。

ちなみに塗料は、3年半前に塗ったのは、シェーナステインのウォルナット

今回は、会社に少しづつ残っていたいろんな色の塗料を混ぜました。(記憶だよりですが、シェーナステインのメイプル・ナチュラル。キシラデコールのオリーブ・バリサンダ・ジェットブラック)

ウォルナットよりは黒っぽさが勝ちましたが、まあこれも気分転換でありでしょう。

 

ソフトウッド継ぎはぎ軍団ヒノキ防腐加工材ウエスタンレッドシダー)のメンテナンス前がこちら。

IMG_20200405_084107

3年半前にシェーナステイン・ウォルナット色を塗って、放置をしておいたのですが、まだまだ色は残っていて、再塗装をしなくても十分綺麗です。

 

メンテナンス後がこちら

IMG_20200405_140720

間違い探しのような話ですが、一番上にヒノキ防腐加工材 18x90を一段追加をしました。

色はイタウバと同じで、少し黒っぽくなりましたが、イタウバのように激変したという感じはしません。

元々良いものが、より良くなった。 という感じでしょうか。

 

浸透性の塗料に関しては、吸い込みの状況により、大きく発色が変わります。

イタウバだと、油分が強すぎで、新材に塗装をしてもほとんど塗料を吸い込みません。 色持ちは最悪で、イタウバに塗装をする場合は、かなり頻繁に再塗装をする必要を生じます。

ヒノキや、ウエスタンレッドシダーだと、よく浸透しますので、発色もしっかりしていますし、色持ちも良いです。

塗料缶に塗装面積を書いていますが、2倍くらい幅を持っています。

その幅が、実際にいろんな木に塗ると実感できます。 面積当たり塗料を多く使ったときは色持ちが良くて、少なかったときは色持ちは良くないのです。

皆様から良くいただくご質問の中に、ハードウッドに塗装をしたほうが良いですか? とか、ソフトウッドは塗装をしないとダメですか? ということがあります。

今日のブログが私なりの回答です。

なお、ハードウッドで無塗装で放置をしておいて、数年先に塗装をした場合のことは、ウッドデッキネット・情報サイトにいい例がありますので、そちらをご覧ください。

 

まだメンテナンスから2か月しか経過をしていないので、一夏超えてから、この件はもう一度検証をしてみたいと思っています。

<その2に戻る                 その4に進む>


香川県高松市でウッドフェンス・ウッドデッキのことは、ウッドデッキネットにご依頼ください

ウッドフェンスに適した材って??? その2

2020年6月14日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

香川県高松市の我が家のウッドフェンス? 2016年秋に施工して1年目にガタガタになっていることに気づきながら、2020年春まで放置をしていました。

世間では新型コロナウイルスの影響が深刻になって、急に全国で自粛ムードが広がった頃。まだ巣ごもり特需が発生する直前でで、めちゃくちゃ忙しくなる前の4月5日に重い腰を上げて、メンテナンスというか、補修工事をしました。

IMG_20200405_122733

左・駐車場の横板がイタウバ。 向こうの駐輪場の横板がソフトウッドの継ぎはぎ(ウエスタンレッドシダー桧防腐加工材)フェンス。

3年半前にシェーナステイン・ウォルナット色を塗っていたのですが、イタウバの方は完全に塗膜が剥がれています。

ソフトウッド軍団の方はまだ綺麗なんですよね。

ただイタウバが北向きで、ソフトウッド軍団は西向きですから、本当はそちらの方が色が持たない環境下にあるのですけど・・・

 

色は今度書くとして、イタウバのガタガタを何とかしないと格好がつきません。

IMG_20200405_122805

フェンスの柱ピッチは1.7m。 こりゃ飛ばしすぎですよね。

真ん中に暴れ防止の縦桟を1本入れました。 樹種は現場に転がっていた米松の防腐加工材。 こんな感じで我が家の樹種選定は適当。 ベストの樹種選択をしているのではなくて、そこにあるものを有効に使っているにすぎませんが、それで十分満足していますし、このフェンスを見た人は皆さん感心されるので、これで良いと私は思っています。

IMG_20200405_122722

とにかく矯正してビス打ち。

何とか格好がついてきました。

IMG_20200405_140703

向こう側にも桟を入れて、遠目には何事もなかったかのようにうまく矯正完了。

これで柱ピッチは約85cm。 残念ながらイタウバはこれくらい狭い柱ピッチでもよく見ると波打っていますので、イタウバの12×100をフェンス板に使うときは、柱ピッチは90㎝くらいが精いっぱいといった感じでしょうか。。

 

IMG_20200405_084052

一方ソフトウッド継ぎはぎ軍団はこんな感じ。 柱ピッチは約90cm。

手前の下の方はその真ん中で継いでいますので、横板は50cm弱しか無い物まであるのですが、それでもイタウバよりは通りが出ています。

私の施工例は、15年くらい前には1.8mくらい柱を飛ばしていたこともありましたが、段々ピッチは狭くなっていて、今は一番飛ばしているときで、1.3m(4mの材で3スパン)。 通常は1mピッチにしています。

どんな木材でも大なり小なり反り・暴れがありますので、できる限り短いスパンで矯正をしないと、ガタガタになるからです。

今日お見せしている3樹種だと、明らかに反りの程度が違っています。

一番反っていないのがウエスタンレッドシダー。 かなり反っているのが。 思いっきり反っているのがイタウバです。

木が硬い・柔らかいもあるかと思いますが、それ以上に元の木の性の違いを感じるのです。

イタウバファンには残念なことをお見せしているのですが、イタウバはウッドデッキネットでご紹介している木材の中で、最も反りが大きく、経年変化で思いっきり暴れる木なのです。

ですから、イタウバをフェンス板に使うときには、柱ピッチをできる限り狭くして、ビスを多く打って矯正をすることが一番のコツになります。

ということを知ってご購入いただくと、満足したウッドデッキ・ウッドフェンスが出来ますが、知らずに買ってガタガタになったときは寂しい気持ちになるものです。

イタウバが悪い木だと言っているのではありません。 イタウバの長所・短所をきちんと知ったうえで、適切な使い方をしてほしいのです。

 

<その1に戻る                                                その3に続く>

 


香川県高松市でウッドフェンス・ウッドデッキのことは、ウッドデッキネットにご依頼ください

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。