HOME › ウッドデッキのある風景 › ハードウッド

ウッドデッキのある風景

横風にご注意

2018年1月9日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

正月休み明けにいきなり3連休。 いつ仕事をするの? って感じで年が明けました。

今日が実質的には仕事始め。 これからバリバリ頑張りますよ。

 

さて、今年最初の現場仕事を土曜日にしてきました。

P1160185

瀬戸大橋も渡り初めなのですが、冬は西風がきつくて走りにくいです。

表示されていたのは風速12m。ところどころに吹き流しがあって、かなりばたついていました。

といってもまだ時速80kmで走っても恐怖を感じませんので、冬場でこれくらいなら問題無し。

もっと風がきつくなれば、隣の車線まで簡単に飛ばされていきます。そんな日には怖くてスピードを出すことはできませんので・・・

 

1時間ほど高速道路を西に走って、しなまみ海道の本州側の入口まで辿りつきました。

P1160188

ここは橋が2本並んでいて、手前は一般道で奥が高速道路(しまなみ海道)です。

この橋を渡ったところが今日の現場。

といっても一年前に完成したイタウバのウッドデッキの手直し工事です。

柱が海の方に向かって倒れているという相談を受けました。

写真も頂きましたが、写真では状況が良く分かりません。

P1160196

行く前から2パターン想定をしていましたが、一目でそのうちの一つが原因であることが分かりました。

イタウバ90角を6本でパーゴラを支えていますが、見た目をすっきりさせるために補強を一切いれていません。

行く前に一番怖かったのは、1年を経過して横風等でビスが緩んでグラグラになっていること。

ところが、押しても引いてもびくともしませんので、その心配は全くありませんでした。

単純に材が暴れて反っていることが原因でした。

P1160197

上で補強を入れるとすっきり感が無くなってしまいますので、なんとか床下で細工をして、現状よりはまっすぐ立っているように見えるようにしました。

行く前は半日仕事と思っていましたが、1か所直すのに1時間半かかりましたので、作業が終わったのは午後4時。

P1160207

かなり日も西に傾いてきてきました。

ここから再び高速道路を飛ばして家路に着きます。

P1160208

広島県側から帰る時は、山陽道の距離板に坂出の表示があります。10kmごとに表示があって、最後がこの写真のところ。

岡山と坂出で僅か27kmしか差が無く、四国も近くなったものだと実感することができます。

P1160212

帰りは風速6m。吹き流しも下を向いていて快適に走ることができました。

P1160216

前にsleeper君が電車からの車窓をアップしてくれていましたが、道路は一段上を走っていますので、より風景が良い。

と言いたいところですが、乗用車だと駄目ですね。 これだと海の上を走っているという感じが伝わらないかと思います。

なにはともあれ、5時半近くでまだこれくらい明るいです。寒さの本番はこれからですが、日差しは確実に春が近付いていることを感じさせてくれます。


広島県のウッドデッキもウッドデッキネットのお任せください

明けましておめでとうございます

2018年1月5日

新年明けましておめでとうございます

私は、去年と一昨年は近場の海外に行っていたのですが、今年は何の予定もなく、久しぶりに寝正月を過ごさせていただきました。

今日と明日はリハビリみたいなもんで、連休明けからはバリバリ仕事をしたいと思っています。

西日本では穏やかな新年でした。 せっかくの好天を無駄にしないためにも夜明け前にサンポート高松まで散歩をしに行ってきました。

P1160065

初日の出と言いたいところですが、1月2日午前6時46分。夜が明ける直前のサンポート高松イペのウッドデッキ越しに見た風景です。

ここから10分ほど歩いたところがこの光景

P1160081

朝日を見にここに来たのは初めてで、行く前に海から日が昇るのを想像していました。

午前6時54分、日の出16分前ですが、かなり右の屋島の方が明るくなっています。

 

この日の日の出は7時10分。 ようやく日が昇る場所が特定できました。

屋島よりも遥かに南の方から日が昇るんですね。

これだと工業地帯越しになりますので、ちょっとロケーションとしてはいまいち。

P1160110

日の出のロケーションとしてはいまいちですが、ウッドデッキネットにとっては2つのアイテムを紹介している写真になります。

手前の遊歩道はイペなのですが、海沿いの角材にも注目してください。 これは、パープルハートウッドデッキネットでは枕木として紹介をしている材です。

 

 

せっかくのご来光ですので、もう少し良い場所に移動してみましょうか。

P1160130

うまい具合に船がクレーンをかき消してくれました。これなら海から昇る朝日に見えるでしょう。

 

イペのウッドデッキ越しに昇る朝日。 私の2018年最初のミッション完了です。


外部に役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

四国香川と名古屋より皆様に役立つ情報を提供しています

塗料が定着しない・・・ その3

2017年12月19日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

例の丸亀市の現場ですが、塗装が仕事のメインでは無かったのです。

P1150649

2011年2月にビリアン(ウリン)でウッドデッキを組んではや6年半。

「屋根が欲しいな・・・」

「でもこれから作るのは大変だろうな・・・」

そんなことで悩んでいたとはつゆ知らず、このお宅のご兄弟のパーゴラ付きのウッドデッキを今年の夏に施工していたのです。

ご兄弟の屋根を見ると、欲しい気持ちが益々強くなって、私に相談が来ました。

「問題無いですよ。」

って安請け合いしたものの・・・

最近の家には外壁にビスが打てないのです。

ぐらぐらの屋根を作ったのではウッドデッキネットの名前がすたります。

無い知恵をいろいろ働かせて、向かって右の柱はデッキ下から差し替え。

向かって右は手すりを継ぎ足し。

下ではガチガチに止まりませんので、上の方で補強をすることにしました。

11月11日午前8時作業開始。

私と大工さん一人で作業をしました。

写真なんて撮ってる間がありませんし、何せ柱を持ち上げるときは二人の呼吸が合わないと外壁を傷つけてしまいます。

ほとんど休みも取らず、夕方5時半にほぼ完了。

P1150652

どうですか?

後から屋根を継ぎ足した感じはどこにも有りません。

以前からこの状態だったと言っても皆さんきっと信じると思いますよ。


香川県及び近県のウッドデッキ工事はお任せください。

妄想を良い形に実現しますよ。

 

塗料が定着しない・・・ その2

2017年12月11日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

ビリアン(ウリン)のウッドデッキの足元に前回試しに3種類の塗料を塗ったのが、11月11日

それから10日以上経過した11月23日に再び現場(香川県丸亀市)に戻ってみました。

P1150778

水性塗料を剥がさずに塗った油性のシェーナステインは全く駄目駄目で、ムラだらけでとても使い物にはなりませんでした。

これは最初から分かっていたことでしたが、水性塗料の上から油性塗料を塗るのはNGです。と言うことを改めて再確認をした次第です。(全て剥がしてから再塗装をすればOKですが、その手間が大変な作業になります)

水性のキシラデコールコンゾランと、バトンプラスはどちらもいい感じになりました。

どちらを勧めても良かったのですが、今回は私の勉強のために、バトンプラスを採用することにします。

上の写真が、バトンプラスを試し塗りしたもので、既存のデッキの色と違和感なく仕上がっていました。

P1150780

水性バトンプラス。初めて使いましたが、良く伸びて塗りやすいです。

水性塗料にありがちな、塗っているうちに乾いて固まるということも無く、刷毛の後始末も水洗いできてとても楽。

やっぱり食わず嫌いは駄目だな。 と改めて感じた次第です。

P1150785

下地を軽くウエスで擦って、バトンプラスを1回刷毛塗りしたら、見違えるように美しくなりました。

さあ問題は、こんなやり方で定着していなかった水性塗料の粉が止まるかどうかですよね。

まだ綺麗になるかが半信半疑ですので、試したのは手摺のみで現場を後にしました。

 

 

それから1週間以上経った12月4日。再び現場を訪れました。

P_20171206_123825.jpg

ドキドキしながら擦ってみたらこの通り。

キチンと定着しましたし、既存の塗料の粉も押さえこみました。

いやあ。これ良いですね。 今まで水性塗料の上塗りもNGだと思っていましたが、どうやらなんとかなるみたいです。

今回の実験で使った、水性バトンと、キシラデコールコンゾランは、HPでは紹介していませんが、販売は可能です。

ご希望の方は、Eメールでお問い合わせください。

 

その1に戻る


外部に役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

四国香川と名古屋より皆様に役立つ情報を提供しています

 

 

塗料が定着しない・・・ その1

2017年12月9日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

この間から書いている塗装ネタの続きです

数年前に作ったビリアン(ウリン)のウッドデッキが銀白化をしてしまいました。

美しい色にするためにお施主様が自分で塗装をしたのですが・・・

乾きが悪いは、乾いた後で塗装の粉が服に着くわ・・・

どうしようもない状態になってしまったという相談を受けました

P1150774

ホームセンターで売っていた水性の赤系の木材用の塗料らしいのですが、塗装から数か月経過していて、塗装直後よりももっと酷い状態になっていました

試しに擦ってみると・・・

P1150776

こりゃまったく定着していませんね。

さてどうするべきか・・・

悩んでいても始まりません。

P1150655

とりあえず目立たない場所に3種類の塗料を塗ってみました。

一つはいつも使っている「シェーナステイン(油性)」

あと二つは、水性で初めて使う「キシラデコールコンゾラン」と、「バトンプラス」

全面塗装を考えたら、サンダーがけをするのは滅茶苦茶大変な作業になります。

雑巾で擦って、そのまま3種類の塗料を塗って数日後に確認をすることにしたのです。

 

続く


外部に役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

四国香川と名古屋より皆様に役立つ情報を提供しています

 

ハードウッドを価格改定しました

2017年12月2日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

かねてから予告をした通り、12月からハードウッドを値上げのつもりでしたが、諸事情から一部値上げ・一部値下げをしました。

ニュースで書きましたが、現地価格が急騰していますので、いつまでこの金額を維持できるか分かりませんが、寒いこの時期にウッドデッキをお考えの方のせめて懐だけでも暖かくして頂こうと思っている次第です。

今回改定したのは次の5樹種

ウッドデッキネットでの売り上げが多い順にご紹介をします。

1位 ビリアン(ウリン)

ulin

ウッドデッキネットを始めるきっかけになった材で、かれこれ15年近くなりますが、今でも不動のNo1。

ビリアン(ウリン)は、圧倒的なサイズバリエーションと流通量を誇りますので、しばらくこの位置を譲ることはないかと思います。

写真は、東京ミッドタウン。 こういった大きな物件にも使われていますが、圧倒的に個人様宅への使用が多いです。

 

2位 セランガンバツ

batsu

プロからのご注文は、もしかしたらビリアン(ウリン)より上かも知れません。

セランガンバツが人気なのは、コストパフォーマンスが高いことと、定尺の3m・4mの入荷が安定していること。プロにとっては、見積もりと施工のタイムラグの間に欠品するのが一番まずいんですよね。

写真は、デックス東京ビーチ。 お台場の人気スポットです。

 

No.3 イタウバ

P1100894

新しいハードウッドが、入ってきますが、イタウバは完全にレギュラーの座を勝ち取りましたね。

柔らかくて加工しやすいことや、数年先のツルツル感が人気の秘密。

残念ながら公共関係でお見せできる現場は知りません。 写真は一年前に施工した広島県の個人宅です。

 

No.4 イペ

ipe

以前は、公共物件ならイペ。と即答していました。

この数年再生木材に押されて、イペの大規模な物件が減っているのが辛い限り。

とはいえ、時々大きな案件があって、春にはイペを使って香川県高松市でヨット施設のデッキ工事をさせていただきました。

イペは、そこら中のハードウッドのデッキで使われていますが、私は神戸のモザイクが一番好きです。つい先週も行ってきたのですが、その話はまた今度。

 

No.5 マサランドゥーバ(マニルカラ)

IMG_5902

ついこの間sleeper君が紹介していた、愛知県蒲郡市のマリーナ施設の写真です。

10年ほど前にビリアン(ウリン)が市場から姿を消しかかった時があって、その時マサランドゥーバが大ブレイクしました。

今はNo5の地位に甘んじていますが、原木の埋蔵量はダントツのNo.1。

重さ・堅さもダントツのNo.1

いつか売り上げもNo1になる日がきっと来ると思いますよ。


外部に役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

四国香川と名古屋より皆様に役立つ情報を提供しています

施工から7か月

2017年11月25日

こんにちは。sleeperです。

今年の春に愛知県蒲郡市でウッドデッキ工事を行った現場を約7か月ぶりに

みてきましたのでご紹介したいと思います。

まず、完成当時の写真です。

IMG_5055

IMG_5031

材料はマサランドゥーバ材(マニルカラ材・アマゾンジャラ材)を使用しています。

約350㎡ありました。

そこから約7か月後の写真がこちら。

IMG_5902

IMG_5910

IMG_5906

施工当時のような赤みがかった色は抜けていますが、割れ等も感じられず

きれいな状態でした。

施工から1年後の状態もまたご紹介したいと思います。

杉材のMPB(モクボープラストーンブラック)加工

2017年10月26日

みなさん こんんちは。 アイアンウッドです。

予告ばかりでなかなか本格販売できていませんが、MPB(モクボープラストーンブラック)シリーズを新発売

昨日杉のMPBを作りましたので、こちらでご紹介をします。

まず杉材をDMB四国工場で加圧注入をします

P1140960

防腐加工直後は、このようにずぶ濡れなのですが、通常はこれを乾かしてから出荷をします。

杉材の場合は、かなり内部まで薬剤が浸透をしますので、釜から出て丸一日くらいは中から水がしみ出しますので、表面が乾いたと見えても安心できないのです。

塗装するときは、それが完全に止まってからでないと、塗った後で中から水が出てきて塗料が思いっきり村になってしまうのですが・・・

P1140967

モクボープラストーンは、塗料では有りませんので、この状態で塗布をしても問題ありません。

というよりも、むしろ乾く前に塗った方が塗りやすくてムラになりません。

この日の10時に釜から出して、14時に塗布を開始しました。

P1140972

左から、完成品(塗布から5分程度経過)・塗布直後・防腐加工のみ。

現場では無塗装でお使い頂いても、黒っぽく美しく仕上がります。

MPBは、SPF・杉・桧の3樹種を用意していますが、明らかに杉が一番注入材がよく浸透しますので、モクボープラストーンの発色も一番綺麗です。

2m以下でしたら、DMB名古屋工場でも作れますので、ぜひ皆様のご用命をお待ちしております。


ウッドデッキネットでは、滋賀県・京都府・大阪府でも仕事をします

プロにお任せ下さるのもいいですし、お客様と一緒に施工するのも楽しいものです。

イタウバのウッドデッキをハーフビルドで施工してみました

2017年10月24日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

前回ご紹介したウエスタンレッドシダー外壁材のお宅では、イタウバのベランダデッキを施工しました。

 

P1120427

間口が5.1m、奥行きが3.5m。奥の狭い部分が3.6m×0.9m。のベランダとしては大きなウッドデッキです。

当初DIYでされると言うことでご相談を頂いたのですが、初めての作業で不安だと言うことで、下地を私がして、床張りをお客様がするハーフビルドということでご注文を頂きました。

場所は琵琶湖のそばで、うちの会社からは高速を飛ばして3時間半から4時間。

どこに行くのも現場着が8時になるように出ますので、会社を4時に出て行きました。

P1120410

ご予算と、作業の時間を考えて下地はタタジュバ材の40×120を半分に割って裏側には基礎パッキンを縫いつけました。

ベランダのように懐が浅い現場では、水平取るのが最も大変な仕事になりますので、こういう風にして、勾配なりの施工だと下地施工の時間が1/3程度に短縮できます。

10時半に下地が完了して、床板を張ります。

午前中は私と大工さんで作業をしていましたが、午後はお客様も加わって3名でバリバリ仕事をします。

一生懸命作業をしていると、途中の写真が疎かになりますので、途中の良い写真がありません。

P1120430

16時半に無事完了したところで、パチリ。

お客様が頑張ってくれたおかげでイタウバ材で21.1平米のベランダデッキ、1日で無事完成しました。

帰りも4時間かけて、香川県に帰りついたのは夜9時過ぎ。

たまの仕事だからできるけど、これを毎日するのは体力的にも無理だよな・・・


ウッドデッキネットでは、滋賀県・京都府・大阪府でも仕事をします

プロにお任せ下さるのもいいですし、お客様と一緒に施工するのも楽しいものです。

ウエスタンレッドシダーの羽目板の種類を増やしました

2017年10月23日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

週末から今日に掛けて、台風のせいでいろんなところに影響があったかと思います。

私が住んでいる香川県では大きな被害が出ていませんが、毎月21日に行っている和歌山県紀の川市や途中の岸和田市で大きな被害が出ていて心を痛めています。

災害に合われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、11月より価格改定を行いますが、いろいろバリエーションの見直しも行っています。

外壁材の見直しができましたので、まずご案内をします。

P1120412

ウエスタンレッドシダーの薄い羽目板をこのように軒天とか、外壁のアクセントにすることが流行っています。

昨年11月にサイトをリニューアルした時にこそっとご紹介していたのですが、1年経って本格的に皆様にご紹介をしようと思っています。

P1120423

外装だけでなく、内装に使ってもいい感じになります。

羽目板と聞くと、腰壁を想像する人も多いかと思いますが、勾配天井に羽目板を使っている案件も良く目にします。

ウエスタンレッドシダーの羽目板なら内装・外装を問わず使えますので、このように勾配天井から軒天まで連続したイメージで使うこともできるのです。

以前は、北米の現地加工品だけを紹介していましたが、今月より国内加工品のラインナップを大幅に増やしました。

ウエスタンレッドシダーの羽目板・外壁材のことならなんでもウッドデッキネットにご依頼くださいますと幸いです。

 

このお宅ではウエスタンレッドシダーの外壁材とウッドデッキもうまくコラボしています。

P1120427

ウッドデッキの方は、イタウバ材

大きなベランダにイタウバ材を敷き詰めてみました。

ウッドデッキ=お庭という概念を根本的に覆してくれるお宅で、どんな家でもウッドデッキネットで扱っている外部に役立つ木材を使う場所があると言うことを改めて思い出されます。

そう15年前に私が思わずつぶやいた一言をこちらのお宅で思い出しました。

ウッドデッキを作ることで、風景が変わった。」

だから、私の施工例には「ウッドデッキのある風景」と名付けているのです。


外部に役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

四国香川と名古屋より皆様に役立つ情報を提供しています

 

 

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。