HOME › ウッドデッキのある風景 › ハードウッド

ウッドデッキのある風景

明石海峡大橋を渡ろう!!

2018年8月4日

皆さんこんにちは。 アイアンウッドです。

しまなみ海道・瀬戸大橋を紹介した流れで一番東の神戸-鳴門ルートを紹介するのですが、ここだけルート全体の愛称が無いんですよね。

神戸-鳴門ルートの高速道路の正式名称は、「神戸淡路鳴門自動車道」ですが、そんな言い方をしている人は聞いたことがありません。

香川県の人だと、「大阪に行くのに淡路島経由で行ってくるわ。」か、「大阪に行くのに明石を通って行くわ。」ってな感じで、道路の正式名称も、橋の正式名称も使っているのを聞いたことが無いのです。

まあそれはさておき、このルートのハイライトは何と言っても明石海峡大橋。1本の橋としては、本四架橋で最大で、全長は約4kmあります。

神戸側の入り口はいくつかあるのですが、一番一般的なのが、第二神明北線から垂水ICに入るパターン。

P1170619

写真の第二神明本線から北線に入るジャンクションが都会と田舎の境界線で、ここを越えると景色も交通量も大きく変わって、それまで都会の雰囲気がなくなります。

長いトンネルを越えると長大な明石海峡大橋。

そのトンネルの上は住宅街で、6年前にウリンのウッドデッキを施工させていただきました。>>>

P1170628

橋を渡る時間としては、夜の上り線が私はとても好きで、都会の光の渦に吸い込まれていくような感覚になります

といってもたいてい朝しか通りませんので、その光景も久しく見ていないのですが。・・・

 

橋を渡ると淡路島。島に入ってすぐに大きな淡路サービスエリアがあります。

P1150734

ここはハイウエイオアシスもあって、ハイウエイオアシス経由で上下線を行き来できます。

お勧めはなんといっても観覧車のある下り線。 観光客は皆さんここのSAを目当てにしていると言ってもいい場所です。

P1170636

橋がよく見える展望台があって、子連れやカップルでにぎわっているのですが、なぜか私の目的はこの後ろ。

こちらのアングルはおまけとして、メインの後ろに目を向けてみましょう

P1170640

ココは、ハンディウッドウリンウッドデッキを一度に見ることができる、私にとっては一粒で二度も三度も美味しい場所なのです。

2010年に整備をされていて、8年経過。 年に何回も通る場所ですので、経年変化をご紹介するのにもうってつけの公共物件の一つです

 

夜が好きだと書きながら夜景の写真が無いのもさみしいですね。

P1030920

ここは、本四架橋で唯一カラフルなライトアップをしていて、全部で31パターンあります。

四国の私にとっては、ココから1時間半の帰り道の前に都会を抜けてほっとする場所なのですが、関西の人はココを目当てに来て、Uターンする人も多いみたいです。

いつも大勢の人でにぎわっていて、特にお盆等の人が集中するときは駐車場も満車になります。

連休には20~30km程度の渋滞も日常化していますので、そんなときこそいらいせずにゆっくり橋を眺めてのんびりとドライブしてください。

<<<戻る                                                             進む>>>


ウッドデッキネットは、四国香川と名古屋から情報を発信しています

 兵庫県のウッドデッキならアイアンウッドが直接施工しに伺いますよ

また8月から9月に掛けてDMBスーパーセールを開催。名古屋・大阪・坂出でセールを開催しますので、是非ご来場ください。

瀬戸大橋を渡ろう!!

2018年7月31日

みなさんこんにちは。アイアンウッドです。

香川県に住んでいる私にとって一番身近なのが、瀬戸大橋。3つの架橋の中で唯一鉄道と併用になっていて、前回紹介したしまなみ海道と違い、本州と四国を直結する物流に欠かせないインフラになっています。

P1040082

会社からも良く見えるのですが、工業地帯越しになりますので、橋よりも工場の煙突の方が目立ってしまいます。

ただ、このアングルは事務所から少し離れないと見ることができず、わざわざ写真写りの良い場所を選んで取ってみました。

こんな風景を見ても癒されませんので、普段毎日私が見ているアングルをご覧ください。

P1090959

これが朝の通勤の時に見ている風景です。

こちらも工業地帯越しなのですが、船とか島影がいい感じに工場をかき消して、橋をクローズアップしてくれています。

何千回と見慣れた風景なのですが、とても好きなアングルの一つです。

 

山の上から見降ろすことができるのが、坂出北IC横の聖通寺山。

DSCN6944

この角度で紹介しているパンフレットも良く見るのですが、やっぱり工業地帯が目立ってしまいますので、いまいちですね。

ウッドデッキネットのトップで使っている道の駅「宇多津海ほたる」ならこんな感じで、穏やかな風景になります。

P1110684

クマル材のウッドデッキの向こうは波穏やかな瀬戸内海と島々。そして瀬戸大橋の海上部が全て見渡すことができます。

瀬戸大橋の海上部は全長9kmありますので、全てを一枚の写真に収めるとこんな感じで何を中心に撮っているのか分からない写真になります。 それだけ長大な橋だということをお感じください。

逆にすぐ横に橋を見たい人は、道の駅「瀬戸大橋記念公園」へ。

ここの一番北に国内最大級の木製ドームがあります。

P1160730

ここから見る瀬戸大橋は迫力がありますよ。

 

春秋の季節限定ですが、こんな風景を見ることもできます

今は有料道路が無料化されてしまったので通らなくなってしまったのですが、坂出市大屋冨地区から見た瀬戸大橋に沈む夕日です。

P1060001

前はこの夕日が見たくて寄り道を結構していたよな・・・

<<<戻る                                                                    進む>>>


ウッドデッキネットは、四国香川と名古屋から情報を発信しています

 香川県のウッドデッキならアイアンウッドが直接施工しに伺いますよ

また8月から9月に掛けてDMBスーパーセールを開催。名古屋・大阪・坂出でセールを開催しますので、是非ご来場ください。

しまなみ海道を渡ろう!! その2

2018年7月30日

伯方の塩も気になるところですが、本州側の入り口からしまなみ海道に入って見るとしましょう。
尾道市街の対岸にある向島に渡る新尾道大橋が最初の橋です。

P1160191

あれ? 高速道路にしてはあまりにもしょぼい道路ですね。

そう気づいた人が正しく、ここは一般道で隣に見えている斜張橋が高速道路のしまなみ海道。

向島ではイタウバウッドデッキ工事をしていて、何度か向島にはいっているのですが、しまなみ海道の新尾道大橋を渡ったことが無いのです。

P1100894

 

ただ、おのぼりさんはもっといい交通機関があります。

P1100624
100円で渡してくれる渡船。車も乗れますので、尾道で観光してからしまなみ海道に。と思っている人にはぜひお勧めしたいレアな乗り物です。

 

向島は尾道のベッドタウンみたいになっていて、島の観光は少し乏しいので、通過する人が多いかと思います。

そこからしまなみ海道を走って、因島・生口島・大三島・伯方島・大島を通って今治で四国上陸。

簡単に書きましたが、高速道路だけで59km。いろいろ回り道をするサイクリングロードは70kmもあります。

そうここは渡りきるための道路ではなくて、島の目的地を決めて行く観光橋なのです。

四国坂出からだと、真ん中の大三島を境にして南は今治から北上するのが近いのですが、北は瀬戸大橋で本州に渡って、尾道から南下する方が近いのです。

ですから、私は一度もしまなみ海道を渡りきったことがありません。

おそらく今後も仕事で渡りきることはないでしょうからいつかプライベートでのんびりと島に泊まってみたいという妄想を描いているのです。

しまなみ海道のことは、SHIMAPでご確認ください。
http://www.go-shimanami.jp/

<<<戻る


ウッドデッキネットは、四国香川と名古屋から情報を発信しています

それぞれの近県では施工もいたします。 広島県のウッドデッキならアイアンウッドが直接施工しに伺いますよ

また8月から9月に掛けてDMBスーパーセールを開催。名古屋・大阪・坂出でセールを開催しますので、是非ご来場ください。

しまなみ海道を渡ろう!!

2018年7月28日

皆さんこんにちは。 アイアンウッドです。

梅雨後半の長雨の最後にとんでもない大雨が降って、私の住んでいる四国やお隣の中国地方で甚大な被害がでました。

知人も大きな被害に合っているのですが、幸い命は取り留めていて、大きな不幸の中でも無事であることの喜びを感じているところです。

多くの方が今も苦しんでいますので、軽々しいことは言えないのですが、被害に合われた方には心よりお見舞いを申し上げます。

私の方は、この1か月思ったような仕事がはかどらなかったのですが、そのおかげと言うべきか合間を見つけてはいろいろ出かけていました。

四国から本州に行くには、昔は各地から出ていたフェリーを利用していましたが、今は本四架橋が3本ありますので、行き先や目的に合わせてその橋を利用します。

夏休みですので、観光ガイドも兼ねて3本の橋をご紹介していこうと思っています。

第一弾は、実は私は一番馴染みが薄いのですが、観光客には人気No.1「しまなみ海道」

本州の方からすると尾道から今治に渡るのでしょうが、私は香川県坂出にいますので、四国側から橋を渡ります。

いちばん最初が3連吊り橋の来島海峡大橋。

ここを見る絶好のスポットにSAがあります。(来島海峡SA)

P1170501

本四架橋を見たことが無い人にはピンとこないかと思いますが、何せ規模が馬鹿でかくて、とても写真では伝えきれません。

ちなみに、3連つり橋の延長は4kmあります。

P1170481

去年の秋、私はここを自転車で渡りました

本四架橋はいずれも高速道路なのですが、しななみ海道だけは歩行者・自転車・原付等高速を走れないバイクのためのスペースがありますので、その気になれば四国から本州まで歩いて行くこともできます。

橋を渡りきると、大島に到着。

この島は、先日の大雨で谷筋が崩落して、生き埋めになった方もいらっしゃいます。

そんなとんでも無い光景を横目に、私はウッドデッキ工事をしてきました。

P1170560

海辺を眺めるセランガンバツで作った、ベランダデッキ

連日35度オーバーの酷暑でしたが、海からの風が涼しくて、日陰になるととても快適な場所。 おかげで熱中症の危険も感じずに無事工事を終えることができました。

島の一番北は、すごいスピードで潮が流れているのですが、写真じゃこれも伝わりませんね。

P1170579

向いは、伯方の塩でお馴染の伯方島。

しまなみ海道はこんな感じで、少し大きめの島を6つ繋いで四国今治と本州尾道を結んでいます。

この道は高速道路ですが、完全な観光道路。 それぞれ特徴がある島をめぐってゆっくり旅をしたいものです。

進む>>>


ウッドデッキネットは、四国香川と名古屋から情報を発信しています

それぞれの近県では施工もいたします。 愛媛県のウッドデッキならアイアンウッドが直接施工しに伺いますよ

また8月から9月に掛けてDMBスーパーセールを開催。名古屋・大阪・坂出でセールを開催しますので、是非ご来場ください。

お客様の施工例(ビリアンの縦張りフェンス)

2018年5月19日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

ウッドデッキネットにお問い合わせを頂いた方にはご案内をしているのですが、会員様への各種割引をしています

その中で、私の手持ちの写真が少ない樹種に限定して、お客様からの募集をしているのです

まだ多くの方の写真を頂いておりませんが、少しずつこちらでもご紹介をしていこうと思っています。

今回ご紹介するのは岡山県の施工業者様からいただいた写真です。

P4206308.jpg

道路に面した花壇を以前より枕木で囲んで作っていました。

その奥に新たに枕木を立てて、ウッドフェンスの柱にしてみました。

 

P4216324.jpg

ビリアン(ウリン)20×105を縦板に、30×105を横桟に使って、大和張りの縦張りウッドフェンスが綺麗に出来上がりました。

大和張りにすることで、目隠しになりながら風も通るようになります。

単純に片面に張るよりは、材の量も多少増えますし、施工の割り付けも大変ですが、うまく作ればこのようないい感じになります。

写真募集では、ビリアン(ウリン)の売れ筋サイズは対象外としていますが、デザイン的に普段私があまりやらないこともあり、今回の案件も対象とさせていただきました。

見積もり時にこちらから割引の案内をすることもありますし、お客様からの売り込みも大歓迎です。

皆さまからの楽しい現場写真をお待ちしております。


エクステリアに役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

床板の割り付けの仕方

2018年5月2日

みなさん こんにちは。アイアンウッドです。

明日からゴールデンウィーク4連休。その前に材のご注文を多く頂いて、なんとか約束した方には今日までに無事納品完了です。

 

私は30日-5月1日に久しぶりに明石大橋を渡って神戸で現場作業をしていました。

190502b.jpg

ビリアン(ウリン)のウッドデッキ

床板は、20×105

根太・大引きは45×70

束は90角と高耐食鋼製束

私がメインで使っている仕様です。

右端から床板を張っていくのですが、最初はそんなに難しく考えずに、3.2mmのスペーサーをかましてどんどん張っていきます。

残り1m程のところで、最後の収まりを考えながら張っていくのですが・・・

 

190502c.jpg

うーん。 あと7mmくらい材が足りませんね。

餅じゃないんだから引っ張っても伸びないし・・・

計算違いをしたんでしょうか?

 

って昔は悩んでいたものですが、今はこんなのノープロブレム。

190502a.jpg

隙間の数だけくさびを用意します。

こういう風にすれば、隙間を0.1mm単位でも調整可能。

何の違和感もなく、うまく収まります。

 

190502d.jpg

二人で1日半で無事完成。

まだお昼前に現場を後にすることができました。

 

190502e.jpg

帰りの淡路SAは家族連れで大賑わい。

駐車場がほぼ満車で、いつものウッドデッキは見ることもできなかったのですが、今日の目的はココはスルーして上下線の間にあるハイウエイオアシス。

そこにしか売っていない、絶品の玉ねぎスープが有るんです。

のんびり帰る時にしか買えない贅沢なスープをこの連休に堪能しようと思っています。

 

では、皆様もよい連休をお迎えください。


兵庫県、神戸市でウッドデッキ工事をするならウッドデッキネットにお任せください

 

キシラデコール vs シェーナステイン

2018年3月2日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

寒い冬がようやく終わりそうな気配になってきましたが、昨日は春の大嵐。 瀬戸大橋もほぼ終日通行止めになっていて、四国はやはり島国なんだと改めて感じました。

今日は塗装の話をします。

マサランドゥーバ(アマゾンジャラ)で5~6年前に施工した無塗装のウッドフェンスにウォルナット色を塗装してきました。

P1160840

1回目の塗装の途中でパチリ。

ブラジル産のハードウッドはものの見ごとに銀白化をしますので、塗装前の材は真っ白でした。

でも、1回目の塗装で色が発色しましたね。前にクマルの塗装をしたときは全く色が出ませんでしたので、とても意外な結果になりました。

 

P1160843

2時間半で1回目の塗装完了。 よく吸いこんでいて、表面は乾いていましたので、続いて2回目の塗装をします。

写真で分かりますでしょうか? 柱から左が2回塗りで、右は1回塗りです。

現場では明らかに2回目の方が色がのっているのが分かりましたが、写真ではそれが伝わらないのが辛いところです。

 

P1160856

お昼休みをはさんで、3回目の塗装をします。

これが仕上がった状態で、2回目に比べて茶色い色がハッキリと出ているのがお分かり頂けるかと思います。

銀白化したハードウッドに色をつけようと思うと2回では全然駄目です。

3回目でようやく本来の色が発色します。 こげ茶のウォルナットでこれですから、もっと薄い色を塗る時はなおさら何度も重ね塗りをすることが肝心になります。

で・・・

今回使った塗料ですが、メーカーの人は勧めないでしょうが、現場で大事なポイントを考えるとこうするのがベストだと私は思っています。

P1160859

シェーナステイン(写真左)と、キシラデコール(写真右)を用意しました。

これを混ぜるのですが、最初はキシラデコールを多めにして、2回目・3回目とシェーナステインを多くしていきます。

このときは1回塗りは、シェーナ2:8キシラ。 2回塗りは半々にして、3回目はシェーナ8:2キシラ。

こんなイメージで混ぜました。

理由はそれぞれの良いところを取るためです。

キシラデコールは乾燥が早く塗りやすいですから、時間に追われるプロには最適の塗料です。

反面色もちがよくありませんので、今回のように将来再塗装をお客様がする可能性が低い現場には向きません。

シェーナステインは、色もち・耐久性は抜群です。

ところが滅茶苦茶乾きが悪くて、今回のように1日で3回も塗ることができませんので、プロだと大幅なコストアップになるのです。

そこで私が考えたそれぞれの良いとこどり案がこういう風に混ぜることなのです。

今回の現場は香川県坂出市。 私の通勤ルートですので、毎日見ることができます。

3年は色が持つ。 と思っているのですが、3年先に良いご報告ができるでしょうか???


ウッドデッキネット(大日本木材防腐)オリジナルのシェーナステイン。 防腐会社がこだわって作った塗料ですので、色もち・耐久性には自信があります。

 

ハードウッド vs 再生木材

2018年2月17日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

今年のように寒い冬だと、ウッドデッキのご依頼も少なくて、タイムリーな施工ネタがありません。

逆に時間がある時にしかできないことをしようと思っていると・・・

この場所をなぜ今まで紹介していなかったのか?  というところを見つけて、HPを更新いたしました

 

四国から本州に向かうには、3本架かっている本四連絡橋のいずれかを渡ります。

いまだに関西に行くと船で来たのですか? と問われることがありますが、それは何十年も前の話なんですよ。

会社にほど近い瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)はこの春でめでたく30周年。そして今日紹介する神戸淡路鳴門自動車道は20周年。いろんな記念イベントが予定されていますので、暖かくなればそんな話題もお届けできるかと思います。

関西で仕事を終えて家路に着くときは、たいてい明石海峡大橋を通ります。

P1020398

本四架橋に何本も橋がありますが、ここだけが橋の色も変わっていますし、なんといっても31パターンのイルミネーションが毎日点灯していて、走っていても楽しくなります。

とはいえ、車窓からは光のパターンがなんとなくしかわかりません。

それを見る良い場所があるのです。

P1030920

明石海峡を望む絶好のロケーションにある淡路サービスエリア。(特に下り線がお勧め)

普通の人は、ココから橋や対岸の風景を撮るのでしょうが、私の目的はもっと手前。

といっても暗くて何を写しているのかよく分かりませんね。

P1150717

明るいときに写真を撮ってみました。

手前のベンチが、ビリアン(ウリン)。平日の朝ですから誰もいませんが、カップルや家族連れの観光客でいつも賑わっている場所です。

ビリアン(ウリン)のベンチだけならもっと早くに紹介していたのですが、この後ろがウッドデッキのメインで、それがネックになってなかなか紹介しきれずにいたのです。

 

P1150726

振り返るとこんな感じで、ビリアン(ウリン)のベンチの向こうに見える建物はスターバックス。

その前にあるオレンジ色っぽいウッドデッキが再生木材・ハンディウッドです。

こちらをどのように紹介するかを何年も迷っていて、2013年から撮りだめていた写真を今日まで没にしていたのです。

P1150769

HPで書きましたがビリアン(ウリン)は経年変化により色が黒ずんでいますが、木材としてはまだまだしっかりしていて、この先も活躍してくれることと思います。

ハンディウッドの方は、元の色目もしっかり残っていて、傷んでいるという感じは全く受けません。

これを見て、優劣を付けるのは、その方のこだわりとか感性により大きく変わるものかと思います。

どちらかが優れていて、どちらかが劣っているのではなくて、ウッドデッキを使う方の想いにより、選択するものが変わるだけのことかと思います。

同時期に施工されたハードウッド再生木材の両方を一度に見られる貴重な場所ですので、明石海峡大橋を渡るときはぜひ皆様の目でご確認ください。


ハードウッドでも再生木材でもウッドデッキは全国の物件の納材や施工をしています。

是非ウッドデッキネットにお声を掛けてください。

寒い朝こそ南国に行きたいものです

2018年1月25日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

一昨日からの史上最高ともいわれる寒波で、太平洋側でも積雪があって、大変な思いをしている方も多いかと思います。

雪が降っても納期に追われて仕事をしている方もあるかと思いますが、こんな時こそ安全作業を徹底して事故がないよう頑張ってください。

そういえば、数年前に広島県東広島市で、マイナス4度の中ウッドデッキ工事をしたことがあります

あのときは保育園のちょっとした追加工事で、どうしても土日の間に作業を終えないとまずかったので、雪が降りしきる中を強行して工事をしました。

今週もそうなる恐れがあったのです。

現場は高知県南国市。

P1160257

1月18日(木)セランガンバツのウッドデッキ工事をしたのですが、打ち合わせ不足で材が足りなってしまいました。

ココまで作業をして、次は26日(金)までに作業を完了するという約束をして現場を後にします。

が・・・

週間予報を見ると、24日と25日はとても峠を越えて高知まで行くことができない感じがします。 26日に一発勝負を掛けて失敗するということも許されません。

そうなると、23日(火)に現場にいくしかないのですよね。(皆さんご存じの通り、23日は東京が大雪で大変なことになっていました)

ということで、寒波が近付いていることを感じつつ、またまた南国にやってきました。

P_20180123_110959.jpg

冬の南国は格別です。 写真では白い雲が映っていますが作業の間は晴天で、とても暖かくて上着を脱いでいました。

 

P_20180123_145931.jpg

3時間の作業でセランガンバツのウッドデッキ工事無事完了。

 

P_20180123_150016.jpg

さすがに南国は冬でも日差しがきついです。

わずか3日現場を空けただけなのに、これだけ日焼けをしていました。(左の方が、先週床張りをしていたところ)

こんな感じで、セランガンバツは元の色は薄い褐色ですが、日焼けをすると少し濃いめの褐色になります。

冬に施工をしましたので、これから夏に掛けて色が濃い時期があって、その後徐々に銀白化をしていくと思われます。

 

 

P_20180123_160914.jpg

まだ明るいうちに香川県に帰ってきましたが、雪雲と強烈な風。(瀬戸大橋は2輪車通行止めになっていました)

もう一度南国に戻りたいよおーー

 


高知県でウッドデッキ工事をするならウッドデッキネットにお任せください

北風のすき間を狙って・・・

2018年1月20日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

今年は例年になく寒い冬ですね。外の仕事には辛いのですが、今日のような穏やかな小春日和の日は作業をしていても楽しくなります。

来週末頃に施工する予定のイペのパーゴラとの犬小屋工事の下準備をしました。

DSCF1605

イペはシェーナステインのウォルナット色。

桧は施工部位により色分けがあって、キシラデコールのタンネグリーン色と、ワイス色。

タンネグリーンは自宅のリフォームで使ったのですが、少し深みのある緑色。うちでは、アメリカンテイストの部屋に塗ってみました。

そういやうちは1階に3部屋あって、ヨーロピアンテイスト、アメリカンテイスト、アジアンテイストと雰囲気を違えてみました。

そちらはいい写真が撮れればご紹介しますが、ウッドデッキネットでもアメリカンテイスト云々をこそっと使っているのです。

まだ更新途中なのですが、たくさんある床材を並べてもピンときませんので、次のように区分けをしてみました。

・ハードウッドフローリング

・アメリカの古材

・古材風フローリング

・硬質フローリング(アジアンテイスト)

・硬質フローリング(アメリカン&ヨーロピアンテイスト)

・硬質フローリング(ロシアンテイスト)

北風がきつい日は、暖房が効いている部屋でこんなことをしているのです。

今年はウッドデッキネットとして、これまでと少し方向の違う木材もご紹介しようと思っています。


内装用のフローリングもウッドデッキネットへ

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。