HOME › ウッドデッキのある風景

ウッドデッキのある風景

レッドシダー材を使用したベンチとプランターBOX

2018年6月13日

こんにちは。sleeperです。

大阪の空港にあるカフェにレッドシダー材を使用したベンチとプランターBOXがありますので

ご紹介したいと思います。

IMG_7222

ライトオーク色で塗装を行っています。

レッドシダー材に目出し加工を施しているので、立体感がある見栄えになりました。

IMG_7267

プランターBOXです。

IMG_7227

天然木のあたたかみ、やさしさを感じられる家具になっています。

天然木材を使用したベンチ材やプランターBOXいかがでしょうか。

関西エクステリアフェア2018

2018年6月12日

こんにちは。sleeperです。

先日、インテックス大阪で開催された関西エクステリアフェア2018に行ってきました。

IMG_7315

今年は、6月7日と8日に開催されました。

私たち“ウッドデッキネット”が出展しているわけではないのですが、

私は今回で3回目の参戦です!

さまざまなエクステリアメーカーが集結する展示会で

ウッドデッキを取り扱うメーカーの出展もいくつかあります。

ウリン材を取り扱う展示ブースでは、

IMG_7297

IMG_7302

ウリン製の水車や枕木などなど数多くの商品が並んでいました。

こちらの展示ブースに限らず、いろんな考え方や使い方を発見できる機会でもあるので

おもしろいです。

また来年も参加してみたいと思います。

今週末は、関西エクステリアフェアにお越しください

2018年6月5日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

そう言えば、毎年この時期に大阪で開催されている関西エクステリアフェアに関して事前にご案内をしたことがあったような、無かったような・・・

10年くらい前は、自前のイベントも含め、こういった機会にお客様に直接合っていたのですが、このところ事後のご紹介しかできていなかったように思います。

 

P1130537

6月7日、8日インテックス大阪にて、毎年恒例の関西エクステリアフェアが開催されます。

主にプロをターゲットにしたフェアですので、平日(木曜・金曜)のイベントですが、ウッドデッキ関連のブースもいろいろあります。素材のサンプルだけでなく、組んだものを見てイメージを湧かすこともできますので、是非多くの方にご来場を頂きたいと思います。

P1130547

私は出展していませんが、8日の午後会場に行く予定です。

sleeper君と一緒に居ますので、天然木希望の方は私。再生木と防腐加工材希望の方はsleeper君に会いに是非来てください。

ただ、会場に居る時間が限られますので、事前予約をした方にしか対応をすることができません。

8日午前5時までにEメール(info@wood-deck.net)で来場ご希望時間をお知らせください。(当日であれば、0120-337-256にお掛けください)

なお、入場は無料ですが、招待状が必要です。私が不在の時でも会場で招待状をお渡しすることは可能ですので、来場をご希望の方はEメールで招待状のご請求をお願いたします。


エクステリアに役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

お客様の施工例(ビリアンの縦張りフェンス)

2018年5月19日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

ウッドデッキネットにお問い合わせを頂いた方にはご案内をしているのですが、会員様への各種割引をしています

その中で、私の手持ちの写真が少ない樹種に限定して、お客様からの募集をしているのです

まだ多くの方の写真を頂いておりませんが、少しずつこちらでもご紹介をしていこうと思っています。

今回ご紹介するのは岡山県の施工業者様からいただいた写真です。

P4206308.jpg

道路に面した花壇を以前より枕木で囲んで作っていました。

その奥に新たに枕木を立てて、ウッドフェンスの柱にしてみました。

 

P4216324.jpg

ビリアン(ウリン)20×105を縦板に、30×105を横桟に使って、大和張りの縦張りウッドフェンスが綺麗に出来上がりました。

大和張りにすることで、目隠しになりながら風も通るようになります。

単純に片面に張るよりは、材の量も多少増えますし、施工の割り付けも大変ですが、うまく作ればこのようないい感じになります。

写真募集では、ビリアン(ウリン)の売れ筋サイズは対象外としていますが、デザイン的に普段私があまりやらないこともあり、今回の案件も対象とさせていただきました。

見積もり時にこちらから割引の案内をすることもありますし、お客様からの売り込みも大歓迎です。

皆さまからの楽しい現場写真をお待ちしております。


エクステリアに役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

ビスが抜けてしまった!! その2

2018年5月17日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

事務所のウッドデッキの補修の話を進めます。

前回の最後の写真で、おかしなものが写っていたのに気づいたでしょうか?

P1170056

右の根太のビスは鉄製で錆びています。

左の根太に使っていたビスはステンレスでまだまだ綺麗なのですが・・・

あれ??? 一本とんでもなく短いのがありますね。

 

P1170057

これはネジ切れていました。

ネジ切れたビスをもどくには、メカアリゲーターがとっても便利。こんな感じで頭を掴んで離さない優れモノです。

 

さて、根太も床板も健在でしたので、床板を元に戻します。

このときにちょっとした工夫をするのです。

まずは少し長めのビスに打ち変えます。(材質はもちろんステンレス)

でも元のビス穴は多少腐っていたり、材が割れていたりしますので、少々長くしても効かない恐れがあります。

そんなときは、こうするのです。

P1170060

床板のビス穴は元と同じものを使って、多少角度を変えて打ちこみます。

そうすれば、根太は元とは違う場所にビスが入っていきますので、健在な部分にビスを打ちこめるのです。

これは、補修だけで無くて新規にウッドデッキを組むときにも結構使える技です。

ここでもう一つだけ気をつけてください。

昨日お見せした写真で、ビスを打ちこんだ根太に細い割れが入っていました。

これが耐朽性を落とす原因になりますので、必ず下穴を空けてからビスを打ちこみます。

下穴の深さはソフトウッドの場合はそんなに細かく考える必要はなくて、ビスより少々浅くても大丈夫。

ハードウッドの時はビスより少し深めに空けておいた方が施工がしやすいです。

P1170062

30分ほどで作業完了。

これで大丈夫と言いたいところですが、今回のようなことは他の場所でも起こると思いますので、不具合が生じる都度いたちごっこになりそうですね。

<その1に戻る


事務所のウッドデッキを定点観察

ウエスタンレッドシダー、クマル、米栂土台を使ったウッドデッキも13年経過していろいろ傷みが出てきました

ビスが抜けてしまった!! その1

2018年5月16日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

材の調達の問題で、しばらく現場仕事が無くなってしまいました。

ちょっと前に温めていたネタをご紹介する時間がとれましたので、ご覧ください。

連休前のとある日に事務所の前のウッドデッキを歩いていて異変に気付きました。

P1170053

床板がふわふわで、しかもビスの頭が飛び出ているところもあります。

床板・ウエスタンレッドシダー根太・米栂土台で13年経過していますので、ついに来るべき時が来てしまったか???

と恐る恐る床板を外してみました。

 

床板も根太も明らかに腐っている部分は無くてまずは一安心。

ではなぜビスが緩んでしまったのでしょうか???

まずは真ん中あたりで床板が大きくバウンドをしていたところの根太を見てください。

P1170055

4本ビスの跡がありますが、明らかに一番手前の穴が大きくなっています。

この部分は恐らくかなり前からビスが緩んでいたのでしょう。

緩んだビス穴に水が溜まっていて腐朽していたのだと思われます。 こうなっていれば普通はもう少し広く腐るのですが、ビス穴以外にはまったく被害が及んでいませんので、米栂土台の耐朽性はかなり高いことも分かります。

こちらは全くビスは効いていなかったと思います。そのせいでこの部分の床板は人が歩く都度バウンドをしていたはずで、もう一つ向こうのビスも徐々に緩んでいて、最近抜けたのではないかと思われます。

P1170056

別の根太の場所です。

こちらは、ビス穴が緩んだというよりは、材の割れた部分にビスを打ちこんでいたのが駄目であった原因で無いかと思われます。

抜いたビスを横においていますが、鉄製で短く細いビスを使っていたのも良くなかったということが分かります。

何せ13年前にあり合わせの材で作ったウッドデッキ。今から考えたら、ケチった部分が耐久性を大きく左右することを身を持って感じている次第なのです。

その2に続く>


事務所のウッドデッキを定点観察

ウエスタンレッドシダー、クマル、米栂土台を使ったウッドデッキも13年経過していろいろ傷みが出てきました

再生木材のウッドデッキ

2018年5月7日

こんにちは。sleeperです。

本日は、名古屋市熱田区で行った再生木材のウッドデッキをご紹介します。

設置した場所はこちらです。

IMG_6978

下地を組んでいきます。

IMG_6991

束はマルチポストを使用しています。

床板の材料は再生木材を使用しました。

㈱エコウッド社製のエコMウッドです。

サイズは、30×145

色:サンディーブラウン

IMG_7009

写真を撮った時は、小雨が降っていたので濡れています。

IMG_7005

IMG_6992

約40㎡程のウッドデッキが完成です。

 

----------------------------------------------

ウッドデッキネットではハンディウッドWOODSPECのみをご紹介しておりますが、

それ以外のメーカーの再生木材も取り扱っております。ご希望の方は、メール・FAX等で

お問い合わせください。

 

床板の割り付けの仕方

2018年5月2日

みなさん こんにちは。アイアンウッドです。

明日からゴールデンウィーク4連休。その前に材のご注文を多く頂いて、なんとか約束した方には今日までに無事納品完了です。

 

私は30日-5月1日に久しぶりに明石大橋を渡って神戸で現場作業をしていました。

190502b.jpg

ビリアン(ウリン)のウッドデッキ

床板は、20×105

根太・大引きは45×70

束は90角と高耐食鋼製束

私がメインで使っている仕様です。

右端から床板を張っていくのですが、最初はそんなに難しく考えずに、3.2mmのスペーサーをかましてどんどん張っていきます。

残り1m程のところで、最後の収まりを考えながら張っていくのですが・・・

 

190502c.jpg

うーん。 あと7mmくらい材が足りませんね。

餅じゃないんだから引っ張っても伸びないし・・・

計算違いをしたんでしょうか?

 

って昔は悩んでいたものですが、今はこんなのノープロブレム。

190502a.jpg

隙間の数だけくさびを用意します。

こういう風にすれば、隙間を0.1mm単位でも調整可能。

何の違和感もなく、うまく収まります。

 

190502d.jpg

二人で1日半で無事完成。

まだお昼前に現場を後にすることができました。

 

190502e.jpg

帰りの淡路SAは家族連れで大賑わい。

駐車場がほぼ満車で、いつものウッドデッキは見ることもできなかったのですが、今日の目的はココはスルーして上下線の間にあるハイウエイオアシス。

そこにしか売っていない、絶品の玉ねぎスープが有るんです。

のんびり帰る時にしか買えない贅沢なスープをこの連休に堪能しようと思っています。

 

では、皆様もよい連休をお迎えください。


兵庫県、神戸市でウッドデッキ工事をするならウッドデッキネットにお任せください

 

三位一体のウッドデッキ

2018年4月14日

みなさんこんにちは。

アイアンウッドです。

こちらではすっかりご無沙汰をしていましたが、気温の上昇とともにいろんなご依頼が増えて、手いっぱいになっています。

ネタはいろいろあるのですが、忙しいときはなかなかタイムリーにご紹介をするのが難しいです。

P1170010

先々週香川県高松市にオープンした某大手住宅メーカーの展示場のウッドデッキとウッドフェンス工事をしてきました。

ウエスタンレッドシダーシェーナステインのカラレス塗装

この写真で塗装済みなのですが、これだと無塗装に見えますね。

P1160992

これならどうですか?

床板と幕板は、2回塗装済み。

階段の床板は、1回会社で塗装をしてきて、これから現場で仕上げ塗りをするところです。

こうやって比較をすれば、無塗装でないことはお分かり頂けるかと思います。

でもなんでデザイナーさんは、わざわざクリア塗装を指示したのでしょうか?

最初の写真を少し引いてみましょうか。

P1170004

大きく張り出した軒天もウエスタンレッドシダーの羽目板

上も、下も、横もどちらを見てもウエスタンレッドシダーで統一されているのです。

ココまでは、新築で無くてもリノベーションでも可能ですが、家の中から撮ると、新築ならではのこだわりが見えます。

P1160986

天井板から、軒天までウエスタンレッドシダーの羽目板を使っていて、内外が連続しているのです。

さすがにフローリングは広葉樹で別材ですが、よく似た色目のものを使っていて、下も上も家の中と外が繋がっているような錯覚に陥ります。

こういった空間を演出するには、住宅の構造面やサッシの選択に踏み込まなければ不可能で、さすが某大手住宅メーカーならではの演出です。

ここまでコーディネイトしたお宅は初めて見ましたが、軒天にデッキ材として有名な材の羽目板を使って、ウッドデッキは別の高耐久の素材を使っているお宅は結構あります。

ウッドデッキネットの壁材のページをご覧いただいたらそのような例がいろいろご確認いただけます


新築住宅の素材にもウッドデッキネットでご紹介している高耐久の素材をぜひご用命ください。

置くだけデッキ

2018年3月26日

こんにちは。sleeperです。

本日は、ウッドデッキネットでご紹介している置くだけデッキの施工事例をご紹介します。

先日、愛知県の蒲郡市でハンディウッド(再生木材)置くだけデッキを使って施工しました。

置くだけデッキは、パネルタイプデッキなのでコンクリートや防水層で仕上げられた上に

置いていくだけでウッドデッキ空間が簡単に完成するのが特徴です。

このスペースにとりつけを行いました。

IMG_6751

設置方法は、置くだけデッキの側面のフックをひっかけていくだけなのでとても簡単です。

IMG_6729

IMG_6745

置くだけデッキのサイズは300角です。

IMG_6741

置いていくだけであっという間にウッドデッキが完成です。

写真の商品は、Eタイプ スタンダード 色:サンディ

IMG_6737

IMG_6740

簡単工法ながら仕上がりは本格的じゃないでしょうか。

状況に応じてカットや穴あけなどの加工が可能なので、

変形部分なども美しく納まります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。