HOME › ウッドデッキのある風景 › ハードウッド

ウッドデッキのある風景

ビリアン(ウリン)材・ウッドデッキ補助金仕様・・・香川県坂出市の施工例

2020年1月15日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

補助金の事務局が細かな規定を決めずに募集を開始したために、募集開始から1か月ほどいろいろ混乱をしていました。

前回ご紹介をしたお宅は、元々補助金とは無関係で、お客様がDIYをする予定だった図面を補助金の規定に合うように樹種の変更と塗装をしただけ。 いつもの施工をしただけだったのです。

今回ご紹介をする香川県坂出市のウッドデッキは、補助金の規定が固まってから申請をしたもので、いつもとは少々違う考え方をしています。

DCP PHOTO

間口8m×奥行2.7mのシンプルで大きめのウッドデッキです。

床板はビリアン(ウリン)サドリンクラシック・チーク色(JASS18 M-307 適合品)を塗装しています。

根太組には桧防腐加工材を使用。

あれ?ここまでだと前回ご案内したのと同じですね。

 

反対側から見てみましょうか。

DCP PHOTO

幕板の一部が未塗装ですが、今回は一部ハーフビルド。 木工事はすべて当方でしましたが、塗装はお客様にしてもらいました。

材を先に納品して、お客様に塗装をしていただいてから組み立てたのですが、2枚不足をして、無塗装品を利用して組みましたので、完成時にこんな中途半端な状態になってしまいました。

当初は無塗装の予定だったのですが、6月4日の補助金事務局からの通達で、ビリアン(ウリン)材を使う場合は、塗装が必須となったために、塗装費用をお客様に追加計上をして、当方が塗装をするか、お客様が塗るかを選択していただきました。この方は、自分で塗装をすることを選択されましたので、こういった対応をしています。

これが補助金の味噌の一つ。 もう一つのポイントはこの2枚の写真では分かりにくいですので、こちらをご覧ください。

DCP PHOTO

下地はすべて桧防腐加工材で120角を使用しました。

根太ピッチも家庭のウッドデッキとしては完全なオーバースペックになるくらい狭くしています。

補助金の規定が、木材の使用量に対して30万円/立米となっていました。

ビリアン(ウリン)なら、立米当たりの単価が30万円を超えていますが、桧防腐加工材なら下回ります。

なので、ビリアン(ウリン)は必要最小限、桧防腐加工材は少々オーバースペックになるくらいふんだんに。

いつもとは違う木取りを考えたわけです。

 

この現場ハードウッドを輸入している会社の人に見せましたが、とても感嘆されていました。

プロも唸らせる一工夫。 って私もプロなんですけど・・・

 


香川県坂出市でウッドデッキ・ウッドフェンスの施工をお考えの方はウッドデッキにご用命ください

ビリアン(ウリン)材・ウッドデッキ補助金仕様・・・香川県三豊市の施工例

2020年1月14日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

木塀の補助という書き方をしていますが、ウッドデッキも補助対象になっていました。

DCP PHOTO

香川県三豊市で2019年9月に施工したお宅です。

床板・手すり笠木・横板は、ビリアン(ウリン)材

束柱・根太大引きは桧防腐加工材です。

ビリアン(ウリン)に関しては、仕上げ材で塗装(JASS18 M-307 適合品)をすることが採択の条件となっていましたので、全てサドリンクラシック・ウォルナット色を塗装しています。

 

DCP PHOTO

手すりの部分をアップにしました。

見えている場所で、柱だけがヒノキで後はビリアン(ウリン)です。

違う樹種を混ぜても、そんなに違和感は感じませんので、この仕様・補助金とは関係なく使えるのではないかと思います。

 

DCP PHOTO

施工した9月は残暑というよりも盛夏。

少しでも暑さを和らげるために日よけを作って施工をしていました。

束は桧防腐加工材で90角、根太大引きは45×90。

いつもと同じ断面部材で下地を組んだのですが、補助金仕様の味噌はこれを少し変えることにあるのですが、その話は次回にさせてください。

 


香川県三豊市でウッドデッキ・ウッドフェンスの施工のご依頼はぜひウッドデッキネットへ

ビリアン(ウリン)材・ウッドフェンス・アルミ柱補助金仕様・・・香川県高松市の施工例

2020年1月10日

みなさん こんにちは アイアンウッドです

木塀の補助金を使うには木材の耐久性規定がいろいろあります。

加圧注入材を使う場合は、地際部分にはK4相当・その他はK3相当。これは工業規格なので、きちんとした注入をして、きちんとした証明書をつけることで何の問題もなくクリアできます。

今回の補助では樹種の規定はないのですが、K4相当の加圧注入をするためには木材の性能が問題になります。杉あるいは桧の乾燥材だと大丈夫ですが、SPFや米松だとダメです。 そういった点は当社のような防腐加工会社の専門分野になります。

ハードウッドウエスタンレッドシダー等普段無処理で外部に使っている木材の扱いが厄介で、いろいろ議論が尽くされたのですが、最終的にそれらを地際部分に使うことや、その他の場所でも無処理では認められませんでした。

その他の場所に使う場合は、加圧注入や表面処理等の防腐工場での亡父加工をするか、現場で木材保護塗装をすることが条件となっています。

塗装の基準として、使用する塗料はJASS18 M-307 適合品であることが求められました。

それを踏まえたハードウッドを使った香川県高松市のウッドフェンスの施工例がこちらです。

DCP PHOTO

柱はアルミを使用することで、木材の耐久性要件が外れます。

笠木と横板は、ビリアン(ウリン)材

ビリアン(ウリン)材には、サドリンクラシック(JASS18 M-307 適合品)・チーク色を塗装。

 

DCP PHOTO

穴掘りをして、モルタルで固めますが、前回のお宅と違って作業スペースが十分ありますので、施工しやすかったです。

 

DCP PHOTO

一部はコンクリートの擁壁の上にフェンスをしています。

コア抜きをするのですが、これは高価な機械が必要になります。 機械を持っている業者に頼むこともあれば、建設機械のリース会社で借りることもあります。

いずれにしてもDIYだとちょっと敷居が高い仕事かと思います。


香川県高松市でウッドフェンス・ウッドデッキをお考えの方は、ウッドデッキネットにご用命ください

年末年始はのんびりしていました

2020年1月8日

みなさん こんにちはアイアンウッドです。

年末のあわただしさから解放されて、12月30日の午後高松空港にいました。

が・・・

IMG_9602

なにこれ???

滑走路が霧で見えない。

かろうじて飛行機がうっすら見える程度のとんでもない濃霧。しかもどんどん霧が深くなってきて、「高松空港に着陸を試みましたが、悪天候のため上空で待機をしています。」というアナウンスが何度も聞こえました。

ANAは数十分遅れで着陸したというアナウンスがあったのですが、JALは別の空港に向かったために折り返し便が欠航とのこと。

3時間前についているはずのソウル行もいまだに高松には到着せずという状況で、私の乗る便の情報も錯綜をしていました。

結局私が乗る予定の便は高松に降りるのをあきらめて関西空港に行っちゃいました。

 

翌朝関空から飛行機を回送してきて、31日10時半発に変更になるということで、まさか出国から2時間後に再入国(パスポートのスタンプは出国取り消し)。

1日予定が短縮されましたが、なんとか旅行に行くことはできました。

IMG_9800

2020年は、香港のビクトリアハーバーのカウントダウンで幕開け。

例年なら湾を埋め尽くす大花火大会なのですが、今年はビルのレーザー光線と、ビルから打ち上げる小規模な花火に変更されていました。

その原因となったデモ隊は、私たちの真後ろにいます。

P1240449

観衆の1/3程度はデモ隊で、カウントダウンイベントの前後でシュプレヒコールを揚げていました。

といってもこの人たちは穏やかなデモで、観衆も一緒になって声を上げていて、警官隊も全く制止をすることはなくて、カウントダウンイベントが終了するとみんな楽しそうに家路についていました。

 

観光のことは置いておいて、ウッドデッキネタを一つ

P1240434

ビクトリアハーバーを望むウッドデッキ。

イペのような雰囲気のハードウッドでした。

海辺のウッドデッキ。国内外を問わず絵になるものです。

 


2020年もウッドデッキに役立つ情報を四国香川・愛知名古屋から発信します

ウッドデッキネットをよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます

2020年1月6日

みなさま あけましておめでとうございます

アイアンウッドです

なんと2か月半もこちらはご無沙汰をしてしまいましたが、その間あったことや年末年始のことをこれからいろいろ書いていきたいと思っています

この2か月半時間に思いっきり追われていて、ほぼ毎日現場作業。作業をしながら翌日や翌週の段取りをすることにストレスをためていたのだと思うのですが、病気にもなってしまいました。

 

とはいえ、一つの現場をやり切った充実感は言うまでもなく、お客様の笑顔に救われていました。

DCP PHOTO

この写真は大阪湾に沈む夕日。

この時間は満足に浸っているのですが、ここから家に帰りつくまで4時間強。次の日も早朝から仕事がありますので、高速を飛ばして帰社しないといけません。

 

P_20191204_115411

ある日は観音寺市の山の中で、傷んだ東屋の補修をしていました。

11月に木材保存士の更新の講習会が大阪市であったのですが、この3年間資格を埋もらせていたことに反省。今年は腐朽の診断に力を入れようと思っています。

 

DCP PHOTO

2か月もブログを更新できないほど忙しくなったのは、木塀に補助金が出たことで、多くの案件を抱えたことにあります。

事務局も施工側も不慣れで、結局施工最終期限の12月20日ギリギリまで現場を残すことになったのが一番の反省点。

今年は、段取りよく順番に工事を片付けていくぞ。と冬晴れの倉敷市でシャッターを切っていました。

 

P_20191029_131732

こちらは、大阪市でsleeper君が携わった現場です。

去年関東・関西の街中のバーベキュー施設や、郊外のグランピア施設のデッキ関係の仕事をさせていただいています。

新年早々大阪府と福岡県のそういった施設への納材も予定しているのですが、こういったことをネットであまり紹介できていませんでした。

新年の抱負として、去年頑張ったことをきちんとまとめて、今年の仕事に生かしたいと思っています。

これからしばらくは、去年のような忙しさはありませんので、ブログ・HPの更新に力を入れますので、2020年もウッドデッキネットをよろしくお願いいたします。

 


香川県坂出市・愛知県名古屋市を拠点にウッドデッキに役立つ情報を提供

外部に役立つ木材の販売・ウッドデッキetc.の施工をやっています

なんなりとウッドデッキネットにご相談ください

お盆休み

2019年8月16日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

みなさんお盆休みはいかがでしたか? まだ休みの人もいるかと思いますし、今日から仕事再開の人も多いかと思います。

そんな人には、昨日の台風で予定が変わって大変な思いをした方もいらっしゃったのではないでしょうか?

 

会社は、11-15日まで休みでしたが、私は昨日以外は現場作業をしていました。

その代わりと言うわけでもないのですが、1週間前に東北旅行をしてきました。

高齢の父母と飛行機で移動するのですが、最近は交通関係はバリアフリーが進んでいて、車いすでの移動には特に不便を感じません。

P1230536

車いすの母と一緒に旅行をすると、健常者が経験出来ないことが体験できて楽しくなります。

今回は、プロペラ機にも乗ったのですが、まさかの新兵器のおかげで、スムーズに搭乗をすることが出来ました。

 

 

P1230629

祭りは3か所(青森・弘前・秋田)見ましたが、やっぱり青森のねぶたが一番迫力がありました。

祭りも車いすのおかげで3か所ともめっちゃいい場所を取ることが出来ましたし、3か所とも車の移動はスムーズで駐車場に困ったり、渋滞に巻き込まれることもありませんでした。

 

P1230836

8月上旬にとある竿灯会にウリンを納品していて、もしかしたら祭りの小道具にウリンが使われているのか???

と思いましたが、自分の座っていた付近にお目当ての竿灯会がやってこず、真偽が分からずじまいで、裏メニューは少し消化不良に終わりました。

東北は、猛暑ということで、日中は暑かったのですが、夜の暑さが西日本とは全然違っていて、快適に祭りを見ることが出来ました。

 

旅行はくたびれると言う人もいますが、私は旅行でリフレッシュ。

帰ってからは、猛暑の西日本でいい汗かいています。

 


東北三大祭りにほんの少し関われたのでしょうか?

祭りの小道具にもウッドデッキネットをご用命ください。

インドにスギを届けるために

2019年7月29日

皆さん こんにちは。 アイアンウッドです。

ちょっとブログもご無沙汰していましたが、その間に梅雨明け。あぢいーー夏が来ましたね。

例年現場であぢいいいーーー!!!!と言いながらいい汗かいている頃なのですが、今年は例の補助金のおかげで事務処理がてんこ盛り。 段取りマシーンと化していて、あまり現場に出て行っていないのです。

余談はさておき、今日は面白いご依頼がありましたので、ご紹介をしたいと思います。

P1230442

杉の40x40x2000の木材の束です。

これを見てもどこにでもある杉材で、わざわざこちらでご紹介することも無く、ホームセンターにでも行けば普通に買えそうに思いますよね。

ところが・・・・

これ、インドに輸出する機械の梱包用材なのです。

インドに輸出するために必要な基準をクリアするために、いろいろ知恵を絞って、手間暇かけて作った、輸出仕様。

上の写真に一つポイントが隠されています。

P1230445

この判は、工場として国に登録をして、基準通り熱処理消毒をした材にしか押すことができません。

このスギ材を使って機械を梱包した物は、インドへの輸出もノープロブレム。

めでたし・めでたしなのです。

ちなみに、ハンコだけで満足できない人には、キチンと処理をした旨の証明書(輸出用木材こん包材熱処理消毒実施報告書、熱処理温度管理図)も添付します。 それを全国植物検疫協会の各県にある事務局に持ち込めば、英文の証明書を作ってもらうことも可能です。

 

スギ、ヒノキ以外にハードウッドでもこういった輸出仕様にすることは可能です。

樹種としては、デッキ材ではあまり馴染みがありませんが、アピトン・デレニア・ダイソックス・ウォーターガム。

こんな材で輸出用こん包材を探している人も是非ウッドデッキネットに声を掛けてください。

 


香川県からウッドデッキ等の発信をしていますが、木材全般何でも、是非ウッドデッキネットにお声掛けください。

イタウバ材すのこ板

2019年7月3日

こんにちは。sleeperです。

イタウバ材のすのこ板を岐阜県中津川市の幼稚園で設置しました。

こちらが完成写真です!

IMG_0141

天然木の温かみを感じられる空間が生まれています。

IMG_0136

IMG_0116

材料はイタウバ材無塗装品です。

床板材は、30×105(リブ加工品)。根太材には、38×90を使用しています。

IMG_0102

斜め加工もしています。

IMG_0114

IMG_0139

以前はプラスチック製のすのこ板だったのですが、天然木材になったことでより

落ち着きのある空間に仕上がっています。

イタウバ材のデッキ

2019年5月24日

こんにちは。sleeperです。

イタウバ材を使用したデッキをご紹介。

場所は、神奈川県平塚市にある植物園です。

IMG_0077

IMG_0071

IMG_0079

富士山も眺めることができます!

工事をしているときに撮影した写真のため、周囲に水が張られていませんが、

素敵な蓮を鑑賞できいる場所です。

林野庁の外構部木質化支援事業について

2019年4月27日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

今日から10連休。この時期に合わせて木材を調達して、DIY三昧という方は多いかと思います。

ちょっと天候不順ですが、何せ作業には良い気候ですので頑張ってください。

今日ご案内するのは連休にじっくり準備をして、5月以降にウッドデッキ・ウッドフェンスを考えている方への朗報です。

林野庁が「木のまちづくり」を進めるにあたって、ウッドフェンス・ウッドデッキ等外部に木材を使う案件に補助金を支給する制度を開始しました。

詳しくはこちらのHPでご確認ください。

https://www.kinohei.jp/

木材の供給、施工の業者の基準を満たせば、

木塀・フェンス・木柵の場合、1m当たり3万円(上限500万円)

ウッドデッキ等の場合、木材の使用量1立米あたり30万円(上限1000万円)

の補助金が、施工業者に支給されます。

もちろんそれは全てお客様に還元されますので、ウッドデッキやウッドフェンスが安価に手に入るチャンスというわけです。

4月25日より公募受付が開始されています。 補助の枠が16億とそう多くありませんので、5月の早い段階で枠をオーバーすることが予想をされますので、ご興味のある方はメール(info@wood-deck.net)でお問い合わせください。

 

ちなみに昨日も今日も私は香川県でウッドフェンス工事に精を出しています。

昨日完成した香川県坂出市のこちらのウッドフェンスの場合・・・

P1220764

高さ1.8mで8.5mと折り返しが1.1m計9.6mの桧防腐加工材(柱はアルミ)のフェンスです。

基準を満たしていてば、9.6×3万円=28.8万円の補助金対象になります。

補助金対象の条件を見て行きましょう。

・お施主様

この補助はお施主様の要件はありません。公共団体・法人・個人。いずれの方も対象になります。

 

・木材の使用量・・・総使用量0.3025立米、m当たりの木材使用量0.0315立米。

基準は、総使用量0.05立米かつ1mあたり0.02立米以上。 いずれも余裕でクリアしています。 フェンスだとよほど高さが低くなければまず大丈夫かと思います。

ウッドデッキ等の場合は、0.2立米以上。 こちらもよほど小さな案件で無ければ大丈夫です。

 

・合法性の証明・・・徳島県産で合法的に伐採された桧材を使用しています。

国産材だと木材会社からご購入する限り大丈夫かと思います。(ホームセンターや通販の場合は販売会社に問い合わせてください)

外材で申請をする場合は、販売者に確認をしてください。

当サイトで木材をご購入頂いた方には、販売している全ての樹種に関して合法性の証明を出すことは可能です。

 

・耐朽性の証明・・・地際部分は。アルミ柱を使って腐朽に留意しています。 それ以外(笠木・横板)は、DMB四国工場でK3相当の加圧注入した材を使っています。

杉あるいは桧防腐加工材以外の木材(イペウリンアコヤ等)に関しては、耐朽性の証明や実績の証明が必要になります。当サイトで販売してる木材でも証明を出せないものがありますので、都度ご相談ください。

 

・施工業者の資格・・・ウッドデッキネットを運営している大日本木材防腐は、建設業登録業者で10年以上木塀工事に携わっていますので、有資格会社に該当をします。

建築関係の業者はまず建設業登録をしているかと思います。 造園関係だと大きいところはまず大丈夫ですが、個人経営のようなところだと要件に引っ掛かる可能性があります。

 

この4点をクリアした案件が補助対象となります。

普段私がしている仕事がそのまま支援事業に直結していますので、林野庁の目指す「木のまちづくり」は願ったりかなったり。

この支援事業でより多くの人がウッドフェンスやウッドデッキをご検討して頂けることに期待をしているのです。

 

 

物理的な時間がありませんので、4月30日あるいは5月6日に事務所(坂出市)まで来られる方限定で補助の申請をいたします。 (現場状況が分かる写真や図面をご用意ください。前もってメールで送ってくださればなおありがたいです)

kuida@wood-deck.net

香川県の案件で、初日に申し込みをしてきました。5月7日申請予定の案件も集まっています。

お一人の申請書をまとめるのに半日掛かりますので、物理的にこれからご依頼を頂いても7日に申請できるのは2~3人が限界であることもご理解くださいますようお願いします。

 

名古屋でも対応可能ですが、こちらは5月6日まで受付をすることができませんので、7日からスタートになります。

名古屋近辺の方は、メール(info@wood-deck.net)を送ってくださいましたら、5月7日に返事をいたします。

 

それ以外の地域の方にも、説明は致しますので、杭田の携帯までご連絡ください。(連休中でも電話は出るようにいたします。個人の携帯以外にご連絡いただいた場合は7日の返事になりますので、絶対に会社のフリーダイヤルには掛けないようお願い致します)

 

15年以上この仕事をしていて、いろんな補助金を見てきましたが、今回のようにどなたでも対象になるのは初めてです。 ウッドデッキ・ウッドフェンスを作りたい。と思っている人からの連絡をお待ちいたします。

 


香川県坂出市・愛知県名古屋市よりウッドデッキに役立つ情報を提供しています。

木材のご購入、施工のご依頼はウッドデッキネットへ。

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。