HOME › ウッドデッキのある風景 › 役立つアイテム

ウッドデッキのある風景

ウッドフェンスに適した材って??? その3

2020年6月15日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

香川県高松市の我が家のウッドフェンス? のメンテナンスの話を続けます。

 

イタウバの方は見違えるように綺麗になりました。

こちらがメンテナンス前(施工から3年半経過)

IMG_20200405_122733

 

こちらがメンテナンス後

IMG_20200405_140654

なんとか反りも収まりましたし、塗料もうまくのりましたので、新品に変えたのか? と見間違うくらいの状態になりました。

ちなみに塗料は、3年半前に塗ったのは、シェーナステインのウォルナット

今回は、会社に少しづつ残っていたいろんな色の塗料を混ぜました。(記憶だよりですが、シェーナステインのメイプル・ナチュラル。キシラデコールのオリーブ・バリサンダ・ジェットブラック)

ウォルナットよりは黒っぽさが勝ちましたが、まあこれも気分転換でありでしょう。

 

ソフトウッド継ぎはぎ軍団ヒノキ防腐加工材ウエスタンレッドシダー)のメンテナンス前がこちら。

IMG_20200405_084107

3年半前にシェーナステイン・ウォルナット色を塗って、放置をしておいたのですが、まだまだ色は残っていて、再塗装をしなくても十分綺麗です。

 

メンテナンス後がこちら

IMG_20200405_140720

間違い探しのような話ですが、一番上にヒノキ防腐加工材 18x90を一段追加をしました。

色はイタウバと同じで、少し黒っぽくなりましたが、イタウバのように激変したという感じはしません。

元々良いものが、より良くなった。 という感じでしょうか。

 

浸透性の塗料に関しては、吸い込みの状況により、大きく発色が変わります。

イタウバだと、油分が強すぎで、新材に塗装をしてもほとんど塗料を吸い込みません。 色持ちは最悪で、イタウバに塗装をする場合は、かなり頻繁に再塗装をする必要を生じます。

ヒノキや、ウエスタンレッドシダーだと、よく浸透しますので、発色もしっかりしていますし、色持ちも良いです。

塗料缶に塗装面積を書いていますが、2倍くらい幅を持っています。

その幅が、実際にいろんな木に塗ると実感できます。 面積当たり塗料を多く使ったときは色持ちが良くて、少なかったときは色持ちは良くないのです。

皆様から良くいただくご質問の中に、ハードウッドに塗装をしたほうが良いですか? とか、ソフトウッドは塗装をしないとダメですか? ということがあります。

今日のブログが私なりの回答です。

なお、ハードウッドで無塗装で放置をしておいて、数年先に塗装をした場合のことは、ウッドデッキネット・情報サイトにいい例がありますので、そちらをご覧ください。

 

まだメンテナンスから2か月しか経過をしていないので、一夏超えてから、この件はもう一度検証をしてみたいと思っています。

<その2に戻る                 その4に進む>


香川県高松市でウッドフェンス・ウッドデッキのことは、ウッドデッキネットにご依頼ください

ウッドフェンスに適した材って??? その2

2020年6月14日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

香川県高松市の我が家のウッドフェンス? 2016年秋に施工して1年目にガタガタになっていることに気づきながら、2020年春まで放置をしていました。

世間では新型コロナウイルスの影響が深刻になって、急に全国で自粛ムードが広がった頃。まだ巣ごもり特需が発生する直前でで、めちゃくちゃ忙しくなる前の4月5日に重い腰を上げて、メンテナンスというか、補修工事をしました。

IMG_20200405_122733

左・駐車場の横板がイタウバ。 向こうの駐輪場の横板がソフトウッドの継ぎはぎ(ウエスタンレッドシダー桧防腐加工材)フェンス。

3年半前にシェーナステイン・ウォルナット色を塗っていたのですが、イタウバの方は完全に塗膜が剥がれています。

ソフトウッド軍団の方はまだ綺麗なんですよね。

ただイタウバが北向きで、ソフトウッド軍団は西向きですから、本当はそちらの方が色が持たない環境下にあるのですけど・・・

 

色は今度書くとして、イタウバのガタガタを何とかしないと格好がつきません。

IMG_20200405_122805

フェンスの柱ピッチは1.7m。 こりゃ飛ばしすぎですよね。

真ん中に暴れ防止の縦桟を1本入れました。 樹種は現場に転がっていた米松の防腐加工材。 こんな感じで我が家の樹種選定は適当。 ベストの樹種選択をしているのではなくて、そこにあるものを有効に使っているにすぎませんが、それで十分満足していますし、このフェンスを見た人は皆さん感心されるので、これで良いと私は思っています。

IMG_20200405_122722

とにかく矯正してビス打ち。

何とか格好がついてきました。

IMG_20200405_140703

向こう側にも桟を入れて、遠目には何事もなかったかのようにうまく矯正完了。

これで柱ピッチは約85cm。 残念ながらイタウバはこれくらい狭い柱ピッチでもよく見ると波打っていますので、イタウバの12×100をフェンス板に使うときは、柱ピッチは90㎝くらいが精いっぱいといった感じでしょうか。。

 

IMG_20200405_084052

一方ソフトウッド継ぎはぎ軍団はこんな感じ。 柱ピッチは約90cm。

手前の下の方はその真ん中で継いでいますので、横板は50cm弱しか無い物まであるのですが、それでもイタウバよりは通りが出ています。

私の施工例は、15年くらい前には1.8mくらい柱を飛ばしていたこともありましたが、段々ピッチは狭くなっていて、今は一番飛ばしているときで、1.3m(4mの材で3スパン)。 通常は1mピッチにしています。

どんな木材でも大なり小なり反り・暴れがありますので、できる限り短いスパンで矯正をしないと、ガタガタになるからです。

今日お見せしている3樹種だと、明らかに反りの程度が違っています。

一番反っていないのがウエスタンレッドシダー。 かなり反っているのが。 思いっきり反っているのがイタウバです。

木が硬い・柔らかいもあるかと思いますが、それ以上に元の木の性の違いを感じるのです。

イタウバファンには残念なことをお見せしているのですが、イタウバはウッドデッキネットでご紹介している木材の中で、最も反りが大きく、経年変化で思いっきり暴れる木なのです。

ですから、イタウバをフェンス板に使うときには、柱ピッチをできる限り狭くして、ビスを多く打って矯正をすることが一番のコツになります。

ということを知ってご購入いただくと、満足したウッドデッキ・ウッドフェンスが出来ますが、知らずに買ってガタガタになったときは寂しい気持ちになるものです。

イタウバが悪い木だと言っているのではありません。 イタウバの長所・短所をきちんと知ったうえで、適切な使い方をしてほしいのです。

 

<その1に戻る                                                その3に続く>

 


香川県高松市でウッドフェンス・ウッドデッキのことは、ウッドデッキネットにご依頼ください

道後温泉を望む展望ウッドデッキ その8

2020年6月5日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

巣ごもり特需が収まっていないのに、補助金アゲイン。 今年はちょっと出遅れましたが、それでもなんとかお客様と話をしていた案件のうち8割程度は申請の権利を取ることができました。

とはいえ、今年は初日からすごい出足でしたね。 6月1日午後3時に受付が開始されて、なんと1時間半で受け付け終了。

去年慣れている人以外で、権利取れた人いたんでしょうか?????

 

さて、忙しいと言っていては先に進むことができません。

3月のホテルの工事の話は今日で最終回にしたいと思います。

P1250524

やっぱりこうでなくっちゃ完成写真とは言えないですね

ホテルのプレオープンの日にパチリ。

いろいろ木で作ったものが、見えますが、私の担当分はこの写真では床板だけです。

ヒノキ防腐加工材シェーナステインメイプル色塗装とこれまで書いてきたのですが、嘘をついていました。

実は、「この風景に馴染むように。」という木化推進のボスから指令があって、メイプルをメインにいろんな色を調合していました。

調合比率はボスにも秘密 (笑い

 

P1250706

アップにしてもめっちゃ馴染んでいるでしょ。

 

P1250707

どの角度でもめっちゃなじんでいるでしょ。

 

この指示をした人のネーミングなのですが、木が時を経ていい感じに枯れた色のことを「榯美色」(ときみいろ・1文字目は木編に時)といいます。

今もきれいですが、大事なのは、数年・数十年先。

榯美色になって、いい感じになったのをぜひ見てみたいものですが、この場所には宿泊しないと入れないんですよね。

 

P1250709

こちらのプランター兼ベンチは外にありますので、どなたも見ることができます。

 

来月Go To キャンペーンも始まるという話もあります。

2万円補助があれば、ここの宿泊費もかなり軽減されますので、ぜひ道後温泉に皆さん来てみてください。

 

さて、ここまで頑張りましたので、次回も全国「木化」大作戦に乗っかりたいものです。

今度はどんな依頼があるかな?

 

<その7に戻る


四国香川県よりウッドデッキ・ウッドフェンスの施工をしに出掛けています

愛媛県・松山市・道後温泉でウッドデッキ等のご依頼がありましたら、ぜひお声をかけてください

道後温泉を望む展望ウッドデッキ その7

2020年5月16日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

ようやく都市部以外の緊急事態宣言は解除されました。

といっても道行く人はみんなマスク姿で、自粛はしばらく継続となりそうですね。

早く以前のような人の往来が自由になることを望むばかりです。

 

まだ温泉も再開していませんが、3月に施工した道後温泉のホテルのウッドデッキの話を続けます

前回まで紹介していたのは、ホテルの裏側。

今日ご案内するのが、表になります。

4t車2台で搬入したはいいのですが、こちらはメインの通路になっていますので、他の施工業者の人と取り合いを考えながらの作業。

どうしてもウッドデッキをすることは、こういった他業種との取り合いが発生しますので、自分勝手な工程で作業をすることができないケースが多いです。

IMG_20200324_183919

何せ通路ですから、区画を決めてどんどん仕上げていきます。

仕上がった後は、シートを張って・・・

あれ???

みんな色んな資材を置いていくよ!!!

こりゃ途中の写真なんて撮る暇ありませんね。

こんな感じで、夜も頑張ってなんとか、工期に間に合わせました。

IMG_20200329_172952

外にももう一つ工事が残っています。

プランター兼ベンチ。

こちらは、舗装工事との段取りが被って大変でしたし、かなりの急こう配の道路ですので、高さを合わせるのに苦労をしました。

で・・・

最後に部材を一通りご案内をします。

◆メインのウッドデッキ

床板;ヒノキ防腐加工材30×105シェーナステイン・メイプル色塗装

根太、大引き;ヒノキ防腐加工材45×90シェーナステイン・メイプル色塗装

束;マルチポスト

◆プランター兼ベンチ

表面の板;ヒノキ防腐加工材30×105シェーナステイン・メイプル色塗装

下地;ヒノキ防腐加工材30×50シェーナステイン・メイプル色塗装

根太;ヒノキ防腐加工材45×105シェーナステイン・メイプル色塗装

脚;ヒノキ防腐加工材105×105シェーナステイン・メイプル色塗装

こちらは、裏と表のウッドデッキの端材の有効活用として、ウッドデッキの部材寸法での木取りです。

 

こっちの作業も大変だったのですが、平地での作業ですので、仕事は伸びました

ちなみに裏は10日くらいかかっていますが、表はデッキが4日とベンチが1日半。

面積は表の方が広いんですけど・・・

 

<その6に戻る                その8に進む>


愛媛県松山市のウッドデッキ工事なら、ウッドデッキネットにご用命ください。

道後温泉を望む展望ウッドデッキ その3

2020年4月12日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

無事搬入が終わりましたので、続きの施工を進めます。

P1250477

手順が決まると、仕事はスムーズに進みます。

1日で残りの柱と大引き組は順調に終わりました。

あれ???

右の方大引きが長くないですか???

 

IMG_20200317_125635

この部分は、柱よりも外に約90cm張り出しています。

下から補強を入れて柱がぐらつかないようにしているのです。

 

IMG_20200317_125628

なにせ、高さが4mありますので、下の補強はこれでもか!!と言うくらいに筋交いを入れています。

柱・大引きは、ヒノキ105角の防腐加工材シェーナステイン・メイプル色塗装

床板・筋交いは、ヒノキ45×105の防腐加工材シェーナステイン・メイプル色塗装

部材を共通化していることで、良材は化粧部分に。少し良くない材は下地に回すことができます。

これ、DIYでもよくやる手だと思います。 大きな物件でも、家庭のデッキでも基本になる考え方は同じなのです。

IMG_20200317_125426

ここまでできれば、高さは関係なく普通のウッドデッキ。

床板張りも1日でほぼ完了。

このスピード感は、現場でお褒めをいただきました。

 

<その2に戻る                その4に進む>

 


愛媛県松山市のウッドデッキ工事なら、ウッドデッキネットにご用命ください。

道後温泉を望む展望ウッドデッキ その2

2020年4月8日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

4mの高さのところに作る展望デッキ。 請けたものの、搬入や最初の仕事の掛りを考えると胃が痛くなりますが、3月11日に搬入日が決まりました。

といっても、狭くて高低差があるところですから、ただ搬入をしただけではだめで、後の工程を考えながら搬入しておかないと大変なことになります。

全部で約10tのヒノキ防腐加工材

数回に分けて手運びを覚悟していたのですが、クレーンを据えてくれることになりました。

ありがたい反面、全部一度に搬入しないとだめですので、手運び以上に最初の構想をきちんと練っておく必要があるんですよね。

P1250460

資材の大半を下に降ろすと、現場作業ができませんので、上に7割方の資材を置くことにしました。

崖地で資材を置く場所は皆無ですので、事前に1tくらいの資材を手運びをして、クレーンで卸す場所をまず作りました。

土台までが4m。奥の柱や大引きは6mありますので、柱を立てたり、大引きを転がすのも大仕事。

ちなみに、ヒノキ105角の防腐加工材シェーナステイン・メイプル色塗装。 4mの柱で30kg。 6mの柱は45kgあります。

4人掛りでなんとかここまで形にして、クレーンの搬入を待つことになりました。

 

P1250468

約5tの木材を事前に組んだ大引きの上に置きましたが、このアングルで見ると苦労が伝わりませんね。

 

 

P1250462

下から見るとこんな感じ。

こういう風にして、作業スペースを損なうことなく、無事に搬入を終えることができたのです。

ここまでできれば、最初に危惧していたことは十分クリアになりました。

さあ 明日から頑張るぞ!!!

 

<その1に戻る         その3に進む>


愛媛県松山市のウッドデッキ工事なら、ウッドデッキネットにご用命ください。

桧防腐加工材・アルミ柱・大和張りウッドフェンス補助金仕様・・・岡山県倉敷市の施工例

2020年1月18日

皆さん こんにちは。 アイアンウッドです。

これまでウッドフェンスをいろいろご紹介しましたが、全部横張り。

縦張りは無いのか?

って声もそろそろ聞こえてくる頃かと思いますので、今回は瀬戸大橋を渡ってすぐのところ岡山県倉敷市で桧防腐加工材を使って、縦張り(大和張り)をした施工例をご紹介します。

DCP PHOTO

こちらのお宅は12月に施工したのですが、補助金の完成期限に間に合わせるために多くの現場を掛け持ちしていました。

そんな中で、私が施工を一生懸命していましたので、途中の一番味噌の部分の写真を撮りそびれていましたね。

横張りだと、柱に薄板を直接ビス止めしますが、縦張りの場合は、横桟を入れて横桟にビス止めをするようになります。

両面張り(大和張り)ですので、横桟を柱を巻き込むような形で入れ込んでいるのですが、この写真じゃ私の苦労が全然伝わりませんね。

 

DCP PHOTO

完成したものがこちらです。

木材はすべて桧防腐加工材シェーナステイン・ウォルナット色塗装。

今回は、耐朽性アップと、将来のメンテナンス性を考えて、柱はアルミを使い、笠木は板金を施しました。

意匠面では、大和張りをすることで、角度によって隙間が大きく異なります。

左の方が密で、右が疎ですが、そういった張り方をしているわけではなくて、角度による見え方の違いです。

完全な目隠しをご要望の方には適しないのですが、適度に視線を隠しながら見えたり見えなかったりのちらリズムを楽しむ方には面白い形状かと思います。

DCP PHOTO

家側から見るとこんな感じ。

 

あれ? 左に粗い横張りのウッドフェンスもありますね。

前回・前々回ご紹介したのと同じ話なのですが、これも距離稼ぎで私が提案した部分。 本来不要なのかもしれませんが完成したものを見たら、これがあることでメインのフェンスが引き立ていますし、単純に白いブロック塀があるだけよりお庭自体がとてもいい雰囲気になっています。

お客様のご要望をかなえながら、プラスαの提案をする。 去年の春こんな感じで面白がって仕事をしていたのです。

 


岡山県倉敷市でウッドフェンス・ウッドデッキをお考えの方は、ウッドデッキネットにご用命ください

桧防腐加工材ウッドフェンス補助金仕様・・・神戸市の施工例

2020年1月16日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

今回ご紹介する兵庫県神戸市の例は、出来上がりの面白さというよりも、途中のやり取りがとても楽しかったお宅です。

DCP PHOTO

写真は、2019年12月。

施工初日のものですが、話はそれから7か月さかのぼって、ゴールデンウィーク明けのとある土曜日。

会員様に隔月で発行しているメルマガで補助金のことをご案内して、その週の土曜日に電話受付をすると書いたところ、朝から夜まで電話が鳴りっぱなし。 皆さんの熱意にこちらがたじろぐような事態になってました。

この方は朝10時ころ第一報があって、「ビリアン(ウリン)で柱を立ててしまったのですが、大丈夫ですか?」

補助金には「未着工の案件」に限るという規定がありますので、「柱を抜いて地面を埋めてくれたら何とかなりますよ」

それから1時間ほどして「蹴ったら簡単に柱が抜けました(笑い」

そこからこの方とのお付き合いが始まったのです。

 

P_20191221_103736

柱・笠木・横板とも、ヒノキ防腐加工材(柱はK4相当、その他はK3相当の加圧注入)

シェーナステインのチーク色塗装をしています。

正面側が4.6m・折り返しが1m・高さは1.8mの目隠しフェンスで、本当はこの部分をDIYで施工する計画だったのです。

2019年の補助金の規定では延長3mあたり3万円の助成。

5.6m×3万円=16.8万円。

このフェンスを香川県にいる私が兵庫県まで出張してこの予算で作るのは不可能。

このままだと、この話はDIYに立ち戻ってしまう案件ですが、そんなことで引っ込んでいたのでは仕事になりません。

「もう少し延長を稼げる場所はありませんか?」

この一言で、お客様も楽しんでくれて、メジャーをもってそこら中を測ってくれました。

「隣の境が20mくらいありますが、どうでしょうか?」

25m×3万円だと、75万円。

「それなら神戸に施工しに行く経費も十分出ますので、いいアイデア考えますよ。」

 

P_20191221_103753

住宅側からのアングルです。

お隣の境にヒノキ防腐加工材で、高さ1mのフェンスを追加で作りました。

P_20191221_103810

境界のメッシュフェンスは残して、その内側に木製のフェンスを追加施工したらとてもいい感じになりました。

奥に見えているウッドデッキは、以前当社からご購入いただいたビリアン(ウリン)をDIYで作ったもの。

今回のフェンスもDIYをする予定でしたが、思わぬ補助金のおかげで、プロの施工に変更。

お客様も、私もハッピー。 5月の打ち合わせ時に、まさか12月の施工になるとは思いませんでしたが、いいクリスマスプレゼントになりました。

 


兵庫県神戸市で、ウッドフェンス・ウッドデッキの施工をお考えの方はウッドデッキネットにご用命ください

ビリアン(ウリン)材・ウッドフェンス・アルミ柱補助金仕様・・・香川県高松市の施工例

2020年1月10日

みなさん こんにちは アイアンウッドです

木塀の補助金を使うには木材の耐久性規定がいろいろあります。

加圧注入材を使う場合は、地際部分にはK4相当・その他はK3相当。これは工業規格なので、きちんとした注入をして、きちんとした証明書をつけることで何の問題もなくクリアできます。

今回の補助では樹種の規定はないのですが、K4相当の加圧注入をするためには木材の性能が問題になります。杉あるいは桧の乾燥材だと大丈夫ですが、SPFや米松だとダメです。 そういった点は当社のような防腐加工会社の専門分野になります。

ハードウッドウエスタンレッドシダー等普段無処理で外部に使っている木材の扱いが厄介で、いろいろ議論が尽くされたのですが、最終的にそれらを地際部分に使うことや、その他の場所でも無処理では認められませんでした。

その他の場所に使う場合は、加圧注入や表面処理等の防腐工場での亡父加工をするか、現場で木材保護塗装をすることが条件となっています。

塗装の基準として、使用する塗料はJASS18 M-307 適合品であることが求められました。

それを踏まえたハードウッドを使った香川県高松市のウッドフェンスの施工例がこちらです。

DCP PHOTO

柱はアルミを使用することで、木材の耐久性要件が外れます。

笠木と横板は、ビリアン(ウリン)材

ビリアン(ウリン)材には、サドリンクラシック(JASS18 M-307 適合品)・チーク色を塗装。

 

DCP PHOTO

穴掘りをして、モルタルで固めますが、前回のお宅と違って作業スペースが十分ありますので、施工しやすかったです。

 

DCP PHOTO

一部はコンクリートの擁壁の上にフェンスをしています。

コア抜きをするのですが、これは高価な機械が必要になります。 機械を持っている業者に頼むこともあれば、建設機械のリース会社で借りることもあります。

いずれにしてもDIYだとちょっと敷居が高い仕事かと思います。


香川県高松市でウッドフェンス・ウッドデッキをお考えの方は、ウッドデッキネットにご用命ください

桧防腐加工材・ウッドフェンス・アルミ柱補助金仕様・・・奈良県奈良市の施工例

2020年1月9日

みなさんこんにちは アイアンウッドです

2019年夏から年末にかけての木塀補助金仕様の施工例をいろいろご紹介をしていきます

今回の施工例は奈良県奈良市の住宅の三方向の木塀

DCP PHOTO

柱は、アルミ

笠木と横板は、ヒノキ防腐加工材シェーナステイン・ウォルナット色塗装です。

地際は、アルミを使うことで非常に耐久性がアップしますので、フェンスの施工としては王道の選択だと考えています。

バイクの奥に見えるのは、ウリン材で今回の施工とは別でウッドデッキネットで材をご購入いただいて、DIY施工をされていました。

実は今回の補助金の件は、過去ご注文を頂いた方にアナウンスをしましたので、この方に限らずDIYで頑張っていろんなものを作っていた方のお宅の拡張バージョンという意味合いもありました。

 

DCP PHOTO

1か所扉も付けて作業完了!!

じゃ面白みがないですよね。

 

こちらのお宅は、前回紹介したところと違って、作業のスペースが狭かったり、コンクリートを斫ったりするのがとても大変でした。

DCP PHOTO

上の写真の足元(横板を張る前)はこうなっています。

コンクリートを斫るのですが、いつも使っている数万円の機械では穴を一つ掘るのに数時間かかります。

前に紹介した現場で、数十万円の斫り機を大工さんが持ってきてくれましたので、今回は用心のために持っていっていました。

それが無かったらとても工事はできていませんでした。

 

DCP PHOTO

下の写真の場所も結構狭いところがあって苦労をしたのです。

こちらは狭いところで如何にして深い穴を掘るかにとても苦労をしました。

こういった仕事はDIYでは少々困難。 プロだと何とかしますので、住宅街のフェンスをお考えの方は、ぜひウッドデッキネットにご用命ください


奈良県奈良市でウッドフェンス・ウッドデッキをお考えの方は、ウッドデッキネットにご用命ください

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。