HOME › ウッドデッキのある風景 › 未分類

ウッドデッキのある風景

2×4(枠組み壁工法)で事務所の新築工事 その9

2021年7月29日

こんにちは。ボーフです。

現在DMB四国では、

2×4(枠組み壁工法)でDMB四国事務所の新築工事をしております。

 

ついに、、、

burogu3

始まりました。建方。

IMG_0180

先週と比較するとわかりやすいです。

半日で1Fの枠が組まれました。早いです。

burogu2

中から見るとこんな感じです。

素人の私からすると、

「え、これで大丈夫??????」と、

なってしまいました。

だがしかし、そんな弱っちいものは建てません。

普通に考えてそうですよね。

倒れるような、建物建てませんよね。

皆さんも安心して家を建ててください。

 

次回は2Fのパネルが収まり、

さらに迫力が増すこと間違いなし。

お楽しみに。

 

←その8に戻る

 

~デッキ材について~

防腐加工をすればしっかりしたデッキ材にもなります。

ハードウッドだけがデッキ材ではありません!

SPF材のウッドデッキについての過去のブログ

 

 

 

 

2×4(枠組み壁工法)で事務所の新築工事 その8

2021年7月21日

こんにちは。ボーフです。

現在DMB四国では、

2×4(枠組み壁工法)でDMB四国事務所の新築工事をしております。

もうこの挨拶も8回目です。新事務所は、毎週形を変えております。

IMG_0180

先週と比べるとおわかりでしょうか。

そうです。ついに木材が姿を現しました。

IMG_0183

基礎の上に土台が設置されました。

注入された土台の上に合板が重ねられています。

高さ調整のためです。

基礎と土台の間に隙間のように見えるのは基礎パッキンが入っているためです。

 

次週予定では、床組み、建方が始まります。

人生で家を建てているところをじっくり見る日がくるなんて思いませんでした。

何があるかわかりませんね。

 

←その7に戻る   その9に進む→

 

 

~デッキ材について~

防腐加工をすればしっかりしたデッキ材にもなります。

ハードウッドだけがデッキ材ではありません!

SPF材のウッドデッキについての過去のブログ

 

ここまで読んでくれた人に、

なぜ私がSPF材の紹介を最後に載せているかというと、

2×4パネルがSPF材でできているからです。

パネルだけでなく上記に載せさせていただいたように、

防腐加工をすれば、しっかりとしたデッキ材にもなる。

ということなのです。

ぜひ過去のブログ、SPF材の紹介をご覧ください。

 

 

 

 

2×4(枠組み壁工法)で事務所の新築工事 その7

2021年7月16日

こんにちは。ボーフです。

現在DMB四国では、

2×4(枠組み壁工法)でDMB四国事務所の新築工事をしております。

IMG_0171

先週から変わった点は見て気づかれる通り、

階段とスロープが完成しました。

IMG_0166

右手に見える階段とスロープが玄関になります。

配達に来られる方や、重い荷物を台車で出し入れできるように設計されています。

 

一方、工場では2×4パネルが作成されています。

いよいよ来週から基礎の上に土台、パネルが設置されていきます。

お楽しみに。

 

←その6に戻る   その8に進む→

~デッキ材について~

防腐加工をすればしっかりしたデッキ材にもなります。

ハードウッドだけがデッキ材ではありません!

SPF材のウッドデッキについての過去のブログ

2×4(枠組み壁工法)で事務所の新築工事 その5

2021年7月2日

こんにちは。ボーフです。

もう少しでオリンピックですね~

私自身はハンドボールに注目しています。楽しみです。

 

さて、現在DMB四国では、

2×4(枠組み壁工法)でDMB四国事務所の新築工事をしております。

IMG_0001

現在は基礎工事が終盤に差し掛かり生コンの立ち上げをし、

乾燥させています。

IMG_0010

この長いボルトが気になったので調べてみました。

「アンカーボルト」というものです。

この上に土台となるパネルを設置し、このボルトで固定するようです。

 

コンクリートの枠組みが外れれば、いよいよパネルを設置する建方の始まりです。

一番楽しみにしている工程なので見逃せません。皆さんもお楽しみに!

 

←その4に戻る  その6に進む→

 

~デッキ材について~

防腐加工をすればしっかりしたデッキ材にもなります。

ハードウッドだけがデッキ材ではありません!

SPF材のウッドデッキについての過去のブログ

 

2×4(枠組み壁工法)で事務所の新築工事 その4

2021年6月25日

こんにちは。ボーフです。

2×4(枠組み壁工法)でDMB四国事務所の新築工事をしております。

基礎工事4

現場に出ていたためコンクリートを流すシーンを見逃してしまいました。

残念です。しかし、現場の近くでコンクリートを流し込むシーンを見れるという場面に。ラッキー!

基礎写真2

近づいてみました。

足で踏むと非常に硬いです。そりゃそうです。

この上に建物ができるのに、、。

 

次回に続く。

その3に戻る   その5へ進む→

 

~デッキ材について~

防腐加工をすればしっかりしたデッキ材にもなります。

ハードウッドだけがデッキ材ではありません!

SPF材のウッドデッキについての過去のブログ

 

淡路島でビリアン(ウリン)のウッドデッキを作ってきました その3

2021年6月16日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

淡路島・洲本市のビリアン(ウリン)のウッドデッキが完成して3か月後。

伺う用事が出来ました。

施工時の写真と違って、良い感じになっています。

P1280544

初夏のきつい日差しと、予想外に早かった梅雨のせいで色は既に変色をしていますが、ハードウッドは色が枯れてからが真価を発揮しますので、数年先がたのしみです。

P1280543

ピザ屋さんがオープンしていて、ウッドデッキのところで食事ができるようになっています。

P1280542

れんがの建物に合わせて、植栽図ペースにもレンガが使われています

レンガに囲まれたビリアン(ウリン)のウッドデッキの上で、ピザを食べたかったのですが、行った時間が午後4時。 時間が悪かったですね。

 

この建物の向こうにこんなモニュメントがあるのです

P1280547

他の場所でも見かけたのですが、淡路島ってドラクエの聖地なんでしょうか???

 

さて、ウッドデッキネタの本題に戻りますが、今年も例の補助金の季節がやってきました。 それに加えて、コロナ対策の補助金もあって、ウッドデッキ・ウッドフェンスをお考えの方にはまたとないいい情報を書いておきます。

 

外構部の木質化対策支援事業

2年前より始まった補助で、ウッドデッキ・ウッドフェンスに対して最大600万円の助成があります。

お施主様の要件はありませんので、個人・法人を問わないのが良いところなのですが、施工会社あたり1件しか申請をすることができませんので、2年前のように大々的に募集をすることはできません。

木塀だと100m以上。ウッドデッキだと100㎡以上の案件で、香川県坂出市から高速道路利用で3時間以内(西は広島市・東は大阪市付近まで)の方がいらっしゃいましたらご相談ください。

1次募集は6月21日。2次募集は7月26日となっていますので、7月15日まで受付をいたします。

ご依頼がある方は、ウッドデッキネットまでメール(ifo@wood-deck.net)を送って下さい。先着順2名様限定で話を進めさせていただきます。

 

中小企業等事業再構築促進事業による補助金

こちらは、法人向けの補助金で、最大6千万円の助成があります。

ウッドデッキに関係するのだと、今日ご紹介したような外で飲食をするスペースを作ると、補助の対象になります。

キャンプ施設とか、トレーラーハウスとか、対象になりそうで、ウッドデッキを作りそうなものが思いつきますし、現にご相談もチラホラ受けています。

こちらは、ほぼ全国を対象(規模が小さい場合は、西は広島県から東は千葉県までの太平洋側限定)としてできる限りお手伝いをいたしますので、ご興味のある方は、ウッドデッキネットまでメール(ifo@wood-deck.net)を送って下さい。

 

<その2に戻る

 


兵庫県洲本市でウッドデッキの工事ならウッドデッキネットへ

今年は紅葉が綺麗ですね

2020年12月16日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

冬将軍が到来して、外の作業には厳しい季節になったのですが、今年は10月の気温が低かったおかげで、四国では綺麗な紅葉を長く楽しめるようになっています

 

香川県と徳島県の現場をいろいろ行き来しているのですが、10月は香川県の県境付近の紅葉がめちゃくちゃ綺麗だったのです。

今度行くときは、写真を撮るぞ!!!!

っと意気込んでいたら、綺麗な葉っぱは散ってしまって・・・

今は徳島県側が綺麗なのですが、仕事に追われてシャッターチャンスを逃しています。

 

 

高松空港近くでも2件工事を請けています。

めっちゃ綺麗なところがあって、写真を撮りたかったのですが、先週散り染めの写真をようやく撮ることができました

P1270022

最盛期はこんなもんじゃなくて、向こうが見えないくらい真っ赤っかだったのですが・・・

 

今紅葉が最盛期なのは会社近くの里山

P1270028

ふりかけを掛けたようなおむすび山です

ってこんな景色を楽しみながら現場に出かけています

 

12月13日国道32号新猪ノ鼻トンネルが開通しました

昨日(12月15日)待望の新トンネルを超えて徳島県三好市の現場に向かいました

P1270053

2本の長大トンネルで8.5kmの快適なバイパスが完成。

峠を通らずに徳島県三好市(この呼び方よりも高校野球ファンには池田の方が通りがいいかと)に行くことができるようになりました

快適と言えば快適なのですが・・・

P1270058

車窓は楽しめませんね

 

って感じで毎日道中を楽しんでいます

現場のことは落ち着いたらご案内をいたします

っていつ落ち着くことやら

 


香川県高松市・香川県善通寺市・徳島県三好市で、ウッドデッキ・ウッドフェンスの施工のことならウッドデッキネットへ

奈良県生駒市で、ウエスタンレッドシダーのウッドデッキの補修工事をしてきました その1

2020年10月31日

みなさん こんにちは。

香川県坂出市を拠点に、高速道路3時間程度の範囲で施工をしていますが、前回・今回と施工範囲ギリギリの案件をご紹介します。

前回の和歌山県有田郡は4時間掛かりますので、ちょっと施工範囲外と言いたいのですが、今日からは奈良県生駒市で13年経過をしたウエスタンレッドシダーのウッドデッキの補修工事の施工例をご紹介いたします。 こちらだと3時間強。 自分の中ではこのあたりが東の限界と感じている地域になります。(去年も奈良市でウッドフェンスを施工しています)

 

前回事前に現地調査をしない。

と書いた舌の根も乾かないうちに、事前調査をした例をご紹介するのは心苦しいのですが、この件は8月21日に事前調査をしました。

というのも、当初は全面張替えということで見積もりをしたのですが、予算面と、お客様の意向をくんだこと。そしてまだ全て痛んでいるわけではなくて、きちんと診断すれば、部分張替えで済むのではないかと思いましたので、後者を中心に考えるべきだと判断したのです。

さすがに、写真だけで判断をするわけにいきませんので、事前調査をしてから補修内容の説明をするという通常の手順を踏んだわけです。

ちなみに私は全国で300人弱しかいない、「木材劣化診断士」の有資格者です。 プロの目で、既存のウッドデッキ等の判断をいたします。

今日は触りとして、全体像をご覧いただこうと思います。

 

IMG_20200821_084456

駐車場の上に、中庭の雰囲気を持たせた空間を作っています。

回りをウッドデッキで取り囲んでいるのですが、全景を撮れる場所がありませんので、2枚に分けてお見せをいたします。

こちらは建物に隣接した場所で、建物が北側になりますので、日当たりは抜群。 屋根もありませんので、所謂あまざらし状態です。

 

IMG_20200821_084436

反対側です。

建物がL形に折れていますので、このアングルだと建物が東になります。

北側(写真左)は奥行きが2m。南側(写真右)の奥行きは80cm。

植栽あり。

となっています。

ウエスタンレッドシダーの2×6のウッドデッキで13年経過。

お客様がこまめにキシラデコールを再塗装していました。

こまめに再塗装をしているおかげで、非常に綺麗で、これくらい遠景で撮ると、補修の必要すら感じないような状態でした。

 

今日のところは、ここで一旦筆をおかせていただきます。

この写真の中に数か所ダメな部分が写っていますので、次回までにその場所をお考え下さいますと幸いです。

 

その2に進む>

 


奈良県生駒市でウッドデッキ工事なら、ウッドデッキネットへ

木材劣化診断士として、プロの目で既存のデッキの診断も致します

ウッドフェンスに適した材って??? その4

2020年6月24日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

続きを書こうと思いながら、時間に追われる日々で・・・

第4弾は詰め込んで書きたいと思います。

ウッドフェンスから少し外れますが、広島県尾道市・以前紹介したイタウバのパーゴラ付きのウッドデッキの話です。

P1160196

2017年1月に施工して、1年後の様子です

伺ったのは、「柱が折れている」という電話が掛かってきたからなのです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、左の方に向かって柱が反っていて、家との隙間が1年前よりかなり大きくなっていました。

構造上、上の方で矯正することができません。

反った材を元に戻すことも不可能ですので、取り合えず床板を外してみました。

P1160199

これだけしか高さがありませんので、できることは限られますが、なんとか見栄え良くすることはできました。

P1160202

手直し後の写真ですが、写真だと反りが酷くなっているように見えますが、実際にはかなり良くなっています。

家との隙間を上と下で見比べてください。

この現場で、イタウバの暴れは想像していたより遥かに大きいことを感じた次第です。

 

それから2年。 今年の春に香川県綾歌郡でイタウバの12×105の材を販売した方のお宅に伺いました。

P1260009

施工から2週間ほど経っていません

正面から見ると綺麗なのですが・・・

P1260012

うーん。 写真だと思ったより綺麗に見えますが、かなりガタガタになっています。

柱ピッチは1mでこれですから、イタウバをフェンスの横板に使うのは、ちょっと勧めない方がよさそうですね。

 

別の樹種ならどうでしょうか?

2017年夏にセランガンバツの12×100の板を販売した、香川県坂出市のお宅です。

IMG_20200618_054243

屋根は無いのですが、近くにカーポートがあるおかげでしょうか?

2年半経過した割には、木の色がかなり残っています

IMG_20200618_054206

屋根が近くに無いところだとこんな感じ。

通りはきちんと出ていますので、イタウバのように反ってガタガタになっているという感じはしません。

ただ、セランガンバツはビスの部分が黒っぽくなりますので、雨だれで見た目は美しくないんですよね。

 

最後に香川県坂出市で、昨年木塀の補助金を使ったお宅

DCP PHOTO

手前が今回新設したヒノキのフェンス。 奥に見えるのが、セランガンバツ12×100に塗装をしたフェンス。(2年経過)

今回いろいろ見たけど、私はセランガンバツに塗装をしたのが一番良く見えました。

ヒノキの塗装が2番手と言うことで如何でしょうか?

 

<その3に戻る


広島県尾道市・香川県綾歌郡・香川県坂出市でウッドフェンス・ウッドデッキのことは、ウッドデッキネットにご依頼ください

ウッドフェンスに適した材って??? その2

2020年6月14日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

香川県高松市の我が家のウッドフェンス? 2016年秋に施工して1年目にガタガタになっていることに気づきながら、2020年春まで放置をしていました。

世間では新型コロナウイルスの影響が深刻になって、急に全国で自粛ムードが広がった頃。まだ巣ごもり特需が発生する直前でで、めちゃくちゃ忙しくなる前の4月5日に重い腰を上げて、メンテナンスというか、補修工事をしました。

IMG_20200405_122733

左・駐車場の横板がイタウバ。 向こうの駐輪場の横板がソフトウッドの継ぎはぎ(ウエスタンレッドシダー桧防腐加工材)フェンス。

3年半前にシェーナステイン・ウォルナット色を塗っていたのですが、イタウバの方は完全に塗膜が剥がれています。

ソフトウッド軍団の方はまだ綺麗なんですよね。

ただイタウバが北向きで、ソフトウッド軍団は西向きですから、本当はそちらの方が色が持たない環境下にあるのですけど・・・

 

色は今度書くとして、イタウバのガタガタを何とかしないと格好がつきません。

IMG_20200405_122805

フェンスの柱ピッチは1.7m。 こりゃ飛ばしすぎですよね。

真ん中に暴れ防止の縦桟を1本入れました。 樹種は現場に転がっていた米松の防腐加工材。 こんな感じで我が家の樹種選定は適当。 ベストの樹種選択をしているのではなくて、そこにあるものを有効に使っているにすぎませんが、それで十分満足していますし、このフェンスを見た人は皆さん感心されるので、これで良いと私は思っています。

IMG_20200405_122722

とにかく矯正してビス打ち。

何とか格好がついてきました。

IMG_20200405_140703

向こう側にも桟を入れて、遠目には何事もなかったかのようにうまく矯正完了。

これで柱ピッチは約85cm。 残念ながらイタウバはこれくらい狭い柱ピッチでもよく見ると波打っていますので、イタウバの12×100をフェンス板に使うときは、柱ピッチは90㎝くらいが精いっぱいといった感じでしょうか。。

 

IMG_20200405_084052

一方ソフトウッド継ぎはぎ軍団はこんな感じ。 柱ピッチは約90cm。

手前の下の方はその真ん中で継いでいますので、横板は50cm弱しか無い物まであるのですが、それでもイタウバよりは通りが出ています。

私の施工例は、15年くらい前には1.8mくらい柱を飛ばしていたこともありましたが、段々ピッチは狭くなっていて、今は一番飛ばしているときで、1.3m(4mの材で3スパン)。 通常は1mピッチにしています。

どんな木材でも大なり小なり反り・暴れがありますので、できる限り短いスパンで矯正をしないと、ガタガタになるからです。

今日お見せしている3樹種だと、明らかに反りの程度が違っています。

一番反っていないのがウエスタンレッドシダー。 かなり反っているのが。 思いっきり反っているのがイタウバです。

木が硬い・柔らかいもあるかと思いますが、それ以上に元の木の性の違いを感じるのです。

イタウバファンには残念なことをお見せしているのですが、イタウバはウッドデッキネットでご紹介している木材の中で、最も反りが大きく、経年変化で思いっきり暴れる木なのです。

ですから、イタウバをフェンス板に使うときには、柱ピッチをできる限り狭くして、ビスを多く打って矯正をすることが一番のコツになります。

ということを知ってご購入いただくと、満足したウッドデッキ・ウッドフェンスが出来ますが、知らずに買ってガタガタになったときは寂しい気持ちになるものです。

イタウバが悪い木だと言っているのではありません。 イタウバの長所・短所をきちんと知ったうえで、適切な使い方をしてほしいのです。

 

<その1に戻る                                                その3に続く>

 


香川県高松市でウッドフェンス・ウッドデッキのことは、ウッドデッキネットにご依頼ください

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。