HOME › ウッドデッキのある風景 › 役立つアイテム

ウッドデッキのある風景

アコヤで、井戸の蓋を作りました

2019年4月2日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

新元号は令和に決まりましね。

最初に聞いたときは違和感がありましたが、半日経つと慣れるもので、5月にはすっかり馴染んでいるんでしょうね。

新元号婚とかで、5月1日の挙式予約が殺到しているとか。

私はそれを狙ったわけではないのですが、5月1日は26年目の結婚記念日だったりします

 

 

ウッドデッキネットと言いながらウッドデッキの施工はあまり多くなくて、この間から紹介しているようなちょっと変わったものの方がご依頼が多く、いつも知恵をひねりながらいろんなご依頼をこなしています。

今回のご依頼は、井戸の蓋。

そういえば数年前に同じ物をハードウッドで作ったことがありましたので、お客様に参考写真をお見せしてイメージをお聞きすることにしました。

P1070738

クマルの30×105を並べて裏に桟を入れてビス止め。

シェーナステインのウォルナット色を塗装しました。

前回のベンチのアールはとても大変な作業なのですが、これは超簡単。 ジグソーで切りましたが、丸のこでもカット可能です。

 

最初ハードウッドで提案をしたのですが、お客様からはアコヤで作って欲しいというのです。

Accoyaは、Accsys Group – Titan Wood社の登録商標で、メーカーが屋外の使用で50年間保証をする木材です

良い材なのですが、何せ高い。

ウッドデッキ・ウッドフェンスのように木材を多く使う現場だとなかなか予算が合わずに決まらないのですが、今回は使用する量が少ないのが幸いして即決して頂きました。

P1190881

31×185のアコヤデッキング材を3枚並べてジグソーで丸くカット。

 

P1190882

裏桟は幅を半分に落としたアコヤ材で、こんな風にビス止めしました。

さあハードウッドVSアコヤ。 どっちが長持ちするか見てみたいのですが、私の寿命が50年も有りません。

うーん。 残念。

 


ゴールデンウィークにご注文を考えている方は早めのご注文・早めの納品をお願いします。

今年は10連休。 運送会社も27日だけが配送可能で9連休になります。

連休前最終週は荷物が非常に多くて、予定通り配送出来ないことが予想されています。

早めのご注文・早めの納品にご協力をお願いたします。

特に防腐加工材は納期が2~4週間掛かります。 商品によっては既に連休前納品のタイムリミットが来ていますので、ご注意ください。

アコヤもご注文後加工をしますので、出荷まで10日以上掛かります。 まだ少し余裕がありますが、早めにご注文をくださいますようお願い致します。

連休の対応はウッドデッキネット・お知らせ(3月19日の記事)でご覧ください。

杉材のウッドフェンスを作りました

2019年3月30日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

急に春めいたと思えば、来週は寒の戻りとか。 これだけ気温の変動が大きいと、体調管理も大変です。

とはいえ、春はウッドデッキの季節。 連休を前にいろいろ役立つ情報をお届けしようと思っています。

 

前回紹介したお宅では東屋と、ウッドフェンスのご依頼を頂きました。

P1220577

東屋と素材・色は同じです。

木材は全て杉防腐加工材シェーナステインのレッドウッド色塗装

笠木にガルバのマウンテングリーン色。(西日本専用色)

笠木は木材のままのケースが多いのですが、予算がある時は金属仕様をします。

たいていは黒とかこげ茶を使っていましたので、こんな鮮やかな色合いはとても新鮮で私の方がお客様から良い提案を受けたと感じました。

 

ウッドフェンスの場合、一番に腐る場所は決まっています。

笠木の両木口と、笠木と柱が接している部分。

ですからここに金属を使うことで耐久性は飛躍的にアップします。

皆さん地際(土の接点)を気にされますが、耐朽性の高い木材を使うと、地際は案外長持ちするもので、それよりも先に笠木がやられることが多いです。

ですから、耐朽性をアップさせたいときは笠木に注意を払うことは大きな効果が見込めるのです。

 

 

裏に回ってみましょうか。

P1220579

ちょっとした工夫は、必ず裏にあるものです。

高さが2.2m有るフェンスで、強風時に倒れる心配があります。

通常は控え柱を取るのですが、今回はカーポートの柱を利用させていただきました。

P1220581

ビスを打てばガチガチに止まるのですが、カーポートの保証が効かなくなるということでしたので、木材をグルグル回してカーポートの柱を囲うようにしてみました。

キットではありませんので、現場でのこういった加工はお手の物。

お客様のご要望に合わせて如何様にでも施工しますよ。


ゴールデンウィークにご注文を考えている方は早めのご注文・早めの納品をお願いします。

今年は10連休。 運送会社も27日だけが配送可能で9連休になります。

連休前最終週は荷物が非常に多くて、予定通り配送出来ないことが予想されています。

早めのご注文・早めの納品にご協力をお願いたします。

特に防腐加工材は納期が2~4週間掛かります。 商品によっては既に連休前納品のタイムリミットが来ていますので、ご注意ください。

連休の対応はウッドデッキネット・お知らせ(3月19日の記事)でご覧ください。

 


香川県丸亀市でウッドフェンスの工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

東屋を建てました

2019年3月29日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

前回書いた塗装は2時間ほどで無事終わりました。

P1220554

こういった構造だと下から上に向かって塗るのが大半ですから、良い刷毛を使っていないと、全身塗料まみれになってしまいます。

良い刷毛を使ったおかげで体も現場も綺麗。 いい感じに仕上がりました。

 

で・・・

全体像はこちらになります。

P1220599

杉防腐加工材シェーナステインのレッドウッド色塗装。

屋根はガルバのマウンテングリーン色。

鋼材は詳しくないのですが、地域により色が多少違っていて、この色は西日本専用らしいです。

色見本だと少し奇抜になるかと思いましたが、仕上がってみるといい感じですね。

 


ゴールデンウィークにご注文を考えている方は早めのご注文・早めの納品をお願いします。

今年は10連休。 運送会社も27日だけが配送可能で9連休になります。

連休前最終週は荷物が非常に多くて、予定通り配送出来ないことが予想されています。

早めのご注文・早めの納品にご協力をお願いたします。

特に防腐加工材は納期が2~4週間掛かります。 商品によっては既に連休前納品のタイムリミットが来ていますので、ご注意ください。

連休の対応はウッドデッキネット・お知らせ(3月19日の記事)でご覧ください。

 


香川県丸亀市で東屋の工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

塗装の準備は万全ですか??? その3

2019年3月26日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

3月は天候不順で予定通り現場が進みませんでしたが、なんとか明日で全て終われそうでほっとしているところです。

前回ご紹介したフェンスだと少々塗料が垂れてもなんとかなるのですが、これだとどうでしょうか?

P1220543

いろんな角度で刷毛を入れないといけませんし、真上に向かって塗ることもありますので、垂れると自分の体に掛かってしまいます。

 

今回の塗料は、シェーナステインのレッドウッド色

色もちは良いし、防腐性能も抜群。

なのですが・・・

P1220544

顔料も、防腐薬剤も底にドロドロに溜まっています。

とにかく撹拌。を一生懸命することから塗装の準備がスタート。

 

まずはホームセンターで特売している刷毛に塗料を付けて、刷毛を上向きにしてみます。

P1220546

さすがにすぐには垂れないので、慎重に少なめに塗料を付けて、さっと塗れば垂れない可能性はあります。

 

P1220549

といっても数十秒でこの通り。

どんなに慎重に作業をしても、垂れることを防止することができません。

 

本職ほど良い刷毛では、ありませんが、ホームセンターで高級刷毛として売っているのだとどうでしょうか?。

P1220550

この刷毛、ずいぶん使いこんでいますので、かなり毛が短くなっています。

これくらい古い刷毛だと、最初に見た安物よりかえって性能が劣るように見えますね。

 

P1220551

ところが、垂れないのです。

30秒ほど上向きで放置していましたが、この通り。

良い刷毛は「塗料をよく含みます」。 刷毛が塗料をうまく貯め込みますので、塗装ムラも少ないです。

この刷毛なら、顔の上で作業をしてもそんなに塗料まみれになることは無いのです。

準備万端。 後は作業を頑張るだけですね。

 

<その2に戻る


香川県丸亀市で東屋の工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

塗装の準備は万全ですか??? その2

2019年3月20日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

前回書いた「撹拌」いかがでしたか? 知っている人は当たり前だと思っていることでしょうが、案外知らない人が多かったのでは?

今日書くのも知っていそうで知らない人が多いのでは??? って話です。

P1220463

桧防腐加工材で縦張りのウッドフェンス。 塗料は前回ご紹介したキシラデコールパリサンダ色。

組み立て前に会社で一回塗っていて、これから仕上げ塗りをしようというところです。

塗った直後は結構色が付いていたと思っていましたが、時間が立つとかなり薄くなってしまいました。

P1220467

ブルーシートで養生をして、さっと塗装をします。

やっぱり2回塗らないと色は発色しませんね。

左と右では違う色のように見えませんか?

P1220469

しばらく塗るとこんな感じで、ブルーシートがかなり汚れてきました。

養生が大事なことだと良く分かりますよね。 それが今日のコツなのでしょうか???

 

 

ちょっと待った!!!!!!

 

 

 

今回のフェンスは高さは1.5m、長さは折れていますがトータル4.3m。

そんなに大きな案件ではありません。

それにしては、余りにもシートを汚し過ぎでないかい???

 

 

そうなんです。

今回言いたかったのは、刷毛。

P12204692

実は2か所掛け持ちをしていて、こちらにホームセンターで200円以下で売っている特売品を持ち込んでいました。

安い刷毛でも良い体勢だと塗れますが、フェンスのように上に向いて刷毛を向けると全然駄目駄目。

塗料が垂れてしまって、こんな風に下にボトボトこぼれてしまいます。

 

本職は3000円以下は刷毛じゃ無いよ。

 

って言いますが、さすがに私はそこまで高価な刷毛には手が出ません。

いつもは、6~700円の刷毛を使っているのですが、それだと垂れないのです。

本職は「含みが違う」というのですが、それはこういった現場では常に実感をするのです。

 

良い刷毛だと垂れない実例を、掛け持ちしている現場でご紹介したいと思います。

 

<その1に戻る                                             その3に進む>

 


香川県坂出市でウッドフェンス工事があれば、ウッドデッキネットにお任せください。

塗装の準備は万全ですか??? その1

2019年3月19日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

1か月空けてしまいました。 その間南の島にも行っていたのですが、すっかり書きそびれてしまいましたね。

ウッドデッキネタは全くありませんでしたので、それは置いておいて今回と次回で、今まで書かなかったちょっとした塗装のコツをお知らせしようと思っています。

IMG_0284

今回使用する塗料はキシラデコールのパリサンダー色。

入手しやすいだけでなく、とても塗りやすい塗料で、忙しいプロにはやっぱりキシラだと安心です。

油性の塗料は必ず「良く撹拌してお使いください」と書いていますので、こんな風に振っている人は多いかと思いますが・・・

 

 

これじゃあ全然駄目駄目ですよ

 

 

それならどうすればいいのでしょうか???

 

 

IMG_0277

棒を突っ込んで、グルグルかき回します。

しばらくして棒を取り出してみると・・・

IMG_0280

底に顔料が溜まっているのが良く分かります。

これがあるうちはまだ充分撹拌されていませんので、まだまだグルグルと、かき回します。

手ごたえが軽くなるまでひたすらグルグル。

キシラデコールだとそんなに時間がかかりませんが、シェーナステインだと結構大変な作業です。

でもこの作業を怠ると、最初は上澄みで色がつかず、最後は真っ黒。

そんな経験ありませんか?(私は最初そうでしたよ)

 

最初に手を抜かないことが成功への第一歩。

一生懸命グルグルかき回してから刷毛でさっと塗ります。

IMG_0282

会社で1回塗って現場に向かいます。

 

その2に進む>


 

香川県坂出市でウッドフェンス工事があれば、ウッドデッキネットにお任せください。

5年経過したウリンのウッドデッキに塗装をしてきました(中塗り・仕上げ塗り)

2019年1月22日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

一年で一番寒い時期なのですが、少し肩すかしをくらうくらい穏やかな日が続きますね。

今週末に高知のイベントに行きますので、私は天気予報が気になるのですが、晴天の予報。陽気に誘われて多くの人がご来場を頂くことを期待しています。

さて、5年経過したビリアン(ウリン)の塗装の話を続けます。

穏やかな小春日和の朝8時から10時まで1回塗りをして、一旦現場を抜けました。

再び現場に帰ってきたのは、同日の午後3時。

新材だと、シェーナステイン(リーフグリーン色)は乾きませんので、こんなペースで2度塗りは出来ないのですが、5年経過したビリアン(ウリン)だと1回目の塗料はどんどん吸い込まれて表面には溜まりませんので、同日の2回塗りも可能です。

P1190430

左が1回塗りで、右が2回塗り。

朝見た時はしっかり色が出ていたと思っていましたが、半日で色がここまで落ちていました。

やっぱり、最初の塗装では色は出ないというのが正解のようですね。

P1190435

夕暮れ迫る午後4時40分。 なんとか2回目の塗装を終えて現場を後にします。

さすがに今回は塗膜が表面にも付いていますので、次回は少し養生してから。

1週間後の朝に伺う約束をして、帰路に着きました。

 

P1190831

1週間後、3回目の塗装無事完了です。

写真じゃ2回目でしっかり色が付いているように見えますが、現場ではやはり仕上げ塗りをした後の方が遥かに綺麗になっていました。

P1190833

ハードウッドは無塗メンテナンスで使えます」というのも間違いではないのですが、「塗装をすることでより美しさを保てます」という一言は追加をしておく方がより親切というもの。

年末の作業でしたので、お客様は心新たに新年を迎えることが出来たかと思います。

こんな塗装だけの作業でもウッドデッキネットにお声を掛けてみてください。

 

<1回目の塗装


香川県高松市でウッドデッキのメンテナンス工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

5年経過したウリンのウッドデッキに塗装をしてきました

2019年1月19日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

例年のことですが、年末の気忙しさが年が変わった途端急にノンビリします。

1月の前半はなんとなくお正月モードでしたが、いつまでもノンビリしている訳にもいきません。 そろそろ2019年の仕事にアクセルを踏もうと思っているところです。

P1190399

香川県高松市のお客様から、ビリアン(ウリン)のウッドデッキを無塗装で施工して5年。見た目が悪くなってきたので、塗装をしてほしいという依頼がありました。

(私はこちらには、納品はしていましたが、施工はしていませんでした)

よく銀白化と言いますが、ビリアン(ウリン)は何となく黒っぽい色が残りつつ灰色になります。

P1190401

近くで見るとこんな感じで、木が傷んでいるという感じは全くありません。

ただ幕板が少しおかしくなっていますね。

これはビスが細くて短いものを使っていたのが原因。(コーススレッドの45mmを使用していました)

どうしても上から踏む場所ですので、幕板は太くて少し長めのビスを使っておかないと数年でこういう風になりますし、ビスが緩むことがハードウッドといえども腐りを早める原因になります。

再塗装と一緒に幕板のビスは全部ウッドデッキビスの65mmに打ち変えました。

P1190829

シェーナステインのリーフグリーン色を塗装します。

シェーナステインは、自社ブランドで、色もちも防腐性能も抜群にいいのですが、その防腐性能が施工性には大きなデメリットにもなっています。

成分が分離しやすく、底にいろんな成分が沈殿をしますので、こういう風に細い棒で念入りに拡販をしないとせっかくの良い成分をうまく使いきることができません。

充分撹拌ををすればこの通り。

P1190415

以前ハードウッドで数年後に塗装をするときは最初の1回は発色しませんよ。って書きましたが、1回目からこれくらいちゃんと発色をします。

2005年だとまだいろいろ不慣れでしたので、今のようにきちんと撹拌せず塗装をしていた可能性があります。

きちんとした手順を踏むことで、本来の塗料の性能が発揮できるのだと感じたともに、今まで手抜きをしていたことを棚に上げて偉そうに話していたことをちょっぴり反省している次第です。

 

仕上げ塗装へ>


香川県高松市でウッドデッキのメンテナンス工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

今年一年お世話になりました。

2018年12月28日

最後に今年最大の寒波が来ましたが、昨日まで年末らしからぬ穏やかな天候で、現場作業がはかどりました。

おかげで、年内の仕事は無事今日で終了。明日からはちょっと長めの冬休みになります。

フェンス3部作と書きながら、最後の現場(香川県高松市)を紹介していませんでした。

なにせ、今週は思いっきりバタバタ。大工さんの確保もままならず、事務仕事をほぼ放棄して現場に没頭していましたので、途中の写真を撮れていないのです。

P1190974

できた物を見ても特別変わったところが無いウッドフェンスにしか見えませんね。

笠木 イペ30×105、横板 イペ20×105

柱 アルミ50角

なにやらよく似たのを先月ご案内していましたね

あの時と違うのは高さが低いので、アルミ柱を70角から50角に細くしたこと、笠木を付けたくらいです。

 

味噌は何でも裏にあるのです。

P1190977

と言っても肝心な時の写真が撮れていません。

前回と大きく違うのは、よう壁を作る時に穴を先に空けておいてもらいました。

コア抜きだと深さに限界がありますが、これだと結構深い穴を空けることができますし、何と言ってもいきなり柱を立てることができますので、施工はとってもラクチン。

DIYをする人ならなおのこと特殊な工具が不要になりますので、よう壁を作る時にフェンスの柱のことはきちんと決めておいた方がいいですよ。

ってちょっとしたお得情報を入れながら来年もできる範囲で更新をしていこうと思っています。

 

 

日本は大寒波ですが、私は常夏の南の島に逃避をしてきます。

では。皆さま良い年をお迎えください。


香川県高松市でウッドフェンスの工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

スギ VS アルミ その2

2018年12月3日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

12月になったというのに、木枯らしは吹かないし、ひなたは気持ちいくらいで、作業には絶好の季節になっています。

今回の現場は会社から20分ほどの香川県丸亀市。近いので前回以上に事務所に居る時間を取ることができて、いい感じで仕事が進んでいます。

 

さて、土で引っ掛かっていては話が進みませんので、アルミの柱についてあれこれ書いておきます。

P1190425

この間も書きましたが、後から柱を切る方が高さがキチンと取れます。

前回と違うのは、アルミ柱の頭に樹脂キャップではなく、木を打ちこんでいること。 これは後で説明します。

スギ尽くしと同じデザインなのですが、アルミの場合は、木と違って面合わせをすることができません。

75角の柱に、30×70の横桟をクイックビスでビス止めします。

P1190479

完成したらこんな収まりになります。

この写真だと前回とそんなに違わないように思われるかも知れません。

横桟の部分をアップにするとこんな感じ。 これはこれで違和感はないのですが、プロとして仕事をしたという達成感に乏しく、私としてはちょっと寂しい収まりだと思っているのですが・・・

P1190481

 

最初の写真にあった、柱に突っ込んだ木の目的がこちらの写真に写っています。

P1190483

笠木を止める下地がいるのです。

鋼材に慣れている人だと、Lアングルで止めるのでしょうが、木工事派の私にとっては、この収まりがすっきりしていてとても好きです。

まあこういったのは、人それぞれですし、普段金属に慣れているか、木工に慣れているかで施工の仕方やこだわりが違って当然。 どちらが正解というものでもありませんね。

 

<その1に戻る


香川県丸亀市でウッドデッキ、ウッドフェンスのご用命はウッドデッキネットへ。

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。