HOME › ウッドデッキのある風景 › 役立つアイテム

ウッドデッキのある風景

スギ VS アルミ その2

2018年12月3日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

12月になったというのに、木枯らしは吹かないし、ひなたは気持ちいくらいで、作業には絶好の季節になっています。

今回の現場は会社から20分ほどの香川県丸亀市。近いので前回以上に事務所に居る時間を取ることができて、いい感じで仕事が進んでいます。

 

さて、土で引っ掛かっていては話が進みませんので、アルミの柱についてあれこれ書いておきます。

P1190425

この間も書きましたが、後から柱を切る方が高さがキチンと取れます。

前回と違うのは、アルミ柱の頭に樹脂キャップではなく、木を打ちこんでいること。 これは後で説明します。

スギ尽くしと同じデザインなのですが、アルミの場合は、木と違って面合わせをすることができません。

75角の柱に、30×70の横桟をクイックビスでビス止めします。

P1190479

完成したらこんな収まりになります。

この写真だと前回とそんなに違わないように思われるかも知れません。

横桟の部分をアップにするとこんな感じ。 これはこれで違和感はないのですが、プロとして仕事をしたという達成感に乏しく、私としてはちょっと寂しい収まりだと思っているのですが・・・

P1190481

 

最初の写真にあった、柱に突っ込んだ木の目的がこちらの写真に写っています。

P1190483

笠木を止める下地がいるのです。

鋼材に慣れている人だと、Lアングルで止めるのでしょうが、木工事派の私にとっては、この収まりがすっきりしていてとても好きです。

まあこういったのは、人それぞれですし、普段金属に慣れているか、木工に慣れているかで施工の仕方やこだわりが違って当然。 どちらが正解というものでもありませんね。

 

<その1に戻る


香川県丸亀市でウッドデッキ、ウッドフェンスのご用命はウッドデッキネットへ。

スギ VS アルミ その1

2018年12月2日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

ウッドフェンス3部作の第二弾は、前回と同じく、杉(防腐加工)のウッドフェンスとウッドデッキの施工なのですが・・・

P1190381

フェンスの柱用の穴あけと並行して、ウッドデッキの下地を作っていきます。

ウッドデッキの材は前回と全く同じです。

スギ(防腐加工)

束90角 、 根太45×90 、 床板 45×120 、幕板 30×120。

シェーナステイン チーク色。

 

フェンスも同じと言いたいところですが、今回はアルミの柱なのです。

P1190384

柱を立てたら、フェンスの方は放置をして、ウッドデッキの仕事をどんどん進めていきますが、その前に足元にちょっと注目してください。

 

木の柱の場合は、控え等をビス打ちしても後で目立たないのですが、アルミだと思いっきり目立ってしまいますので、こういう風にクランプを使用して、柱に傷をつけないようにします。

さて、この写真でおかしな点に気づきませんでしょうか???

私は生まれも育ちも香川県で、香川県の常識は全国の常識だと思っていたのに「えっ???それ違うの???」ってことがこの写真に写っています。

P1190385

 

こちらが、兵庫県姫路市で穴掘りをした現場の写真。

P1070657

土が全然違うんです。

このことを知ったのは、20年くらい前の高知県高知市の分譲地で、高知だと雨が多いので水はけを良くするために庭土には絶対に「まさ土」を使わない。 ということを聞いて驚いたのです。

香川県は、雨が非常に少ない県ですので、庭土はどこまで掘ってもきれいな「まさ土」で、石がゴロゴロしているお庭を生まれて初めて見て、今まで常識だと思っていたことが根底から覆されていたのです。

それ以来雨の多い地域には「まさ土」はNG。だと思っていたのですが・・・

3年前に香川県以上にため池の多い兵庫県姫路市のお宅で石だらけの庭土を見て、「もしかして私が常識だと思っていたことは、全国じゃ非常識だったのか???」って感じた次第なのです。

みなさんの家の庭土は、どっちなのでしょうか? いやもしかしたら、私の想像もできないようなタイプなんでしょうか???

<スギ尽くしに戻る                                                             その2に進む>


香川県丸亀市でウッドデッキ、ウッドフェンスのご用命はウッドデッキネットへ。

高知市や姫路市でも施工しますよ。

スギ尽くし その2

2018年11月29日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

ウッドデッキの塗装を残したところで、初日の工事を終えました。

P1190356

杉(防腐加工)で、床板は45×120・束は90角。 それにシェーナステインンのチーク色を1回塗りしたところです。

2回目の塗装をするとこうなりました。

P1190371

1回塗りだと、防腐薬剤のグリーンがかなり勝っていましたが、2回塗れば概ね塗料の明るい茶色に発色をしました。

 

デッキはできましたが、フェンスの工事がこれから佳境を迎えます。

P1190361

杉(防腐加工)材の90角の柱に45×90の横桟を取り付けて、18×90の縦板を張ります。

柱と横桟の面合わせをしているのが味噌で、とてもすっきりと仕上がります。

木だといろんな加工が現場で可能になりますので、こういった収まりもノープロブレム。

 

P1190372

中からはこんな感じ。

90角の柱と横桟を面合わせしていますので、とてもすっきりした感じがします。

 

P1190368

下地が組めれば、板張りは楽勝。

最後にシェーナステインを仕上げ塗りして完成。

 

2日間で、無事杉材のフェンスとデッキを組みあげることができました。

 

<その1に戻る


香川県高松市でウッドデッキ、ウッドフェンスのご用命はウッドデッキネットへ

スギ尽くし その1

2018年11月28日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

月末から来月にかけて、3件のウッドフェンスの依頼を受けています。

最初の2件が、杉(防腐加工)で最後がビリアン(ウリン)。 せっかくなので、フェンス3部作としてちょっとしたコツを紹介しようと思います。

P1190348

朝も早よから穴掘りをして、杉(防腐加工)の90角の柱を埋めます。

柱はコンクリートが乾いてからは、直すことができなくなりますので、キチンと控え等を取ってぐらつきがないように柱を立てます。

 

P1190350

足元でしっかりと通りを出さなければいけないのですが、これが案外大変で、穴を掘ってから糸を張るとたいてい少しずれています。

穴掘りは微調整との戦いでもあるのです。

 

P1190352

柱は3時間もあれば作業完了。

今回は、ウッドデッキもありますので、柱の養生中にウッドデッキの下地を組みます。

杉(防腐加工)の90角を束に、45×90を根太にしますが、束はこういう風に切り欠きをして在来工法的な組み方をします。

 

ここで私は一旦会社に戻って、事務仕事。

近場(今回は会社から30分ほどの高松市西部)の場合は、たいていこんな感じで朝晩現場で昼は抜けています。

 

夕方現場に戻った時には、綺麗にウッドデッキが組み上がっていましたとさ。

P1190356

塗料はシェーナステイン(チーク色)。

会社で1回塗ってきていますので、仕上げは現場なのですが、それは明日の仕事に置いておきましょうかね。

 


香川県高松市でウッドデッキ、ウッドフェンスのご用命はウッドデッキネットへ

世界の中心でウッドフェンスを作る その3

2018年11月23日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

アルミの柱を立てたら、イペ材の横板を貼るだけ。

そんなの楽勝ですよ!!。

って言いながら、ちょっとしたことを知っているのとそうでないのとでは施工にかかる時間も仕上がりの美しさも大違いなんですよね。

 

横板を上から張るのと、下から張るのでまず根本的な考え方が違います。

今回は、割り付けを重視しましたので、全ての横板の高さに印を付けて下から張っていきました。

P1190299

下から張る一番の利点は、一人でも施工できることです。

材の下にスペーサーを挟めば、一人作業ができます。

上から張る時は、クランプを使って固定をしないと一人作業はできません。

時間にすれば何倍も変わってきますし、材が動きやすいですから精度のいい仕事をするのも困難なのです。

ただ、複数で作業をする場合や、割り付けをそう重視しないときは、上から作業をした方が仕事が早いです。 そんなことを考えながらケースバイケースで張る順番を決めているのです。

 

P1190302

ビスは、両サイドを1本だけ止めます。

なんで2本打たないのかって?

それが次の写真で明らかになるのです。

 

P1190306

木材には必ず反りがあります。

イペだと木は素直で、今回の場合最大でも7mmくらいの反りでしたので上の写真(矯正前)でもそんなに違和感も無いように見えるかもしれませんね。

それでも矯正しておかないとプロの仕事には見えません。

こうやってくさびを打って矯正をするのですが、最初にビスを2本打ってしまうと両サイドは少々曲がった状態でビスが止まっていますので、材を矯正するとビスに横荷重が掛かってビスが弱くなってしまいます。

1本しか打たなかったことで、この時点ではまだフリーになっていますので、キチンと矯正ができて強度も保たれるというわけです。

 

ビス止めが完了してから、端の方をカットして長さを揃えます。(写真を撮りそびれました)

これも最初に切るとどうしても数ミリ凸凹が生じますので、張ってから切る方がとても綺麗に揃うのです。

 

P1190309

最後に仕上げ塗り。 今回は、イペにキシラデコールパリサンダ色を塗装。

現場に来る前に2回塗っていて、仕上げ塗りで3回塗りです。

ハードウッドだと色が染み込みませんので、ソフトウッドよりも回数を多く塗らないと色がのりません。

この3回目の塗装が味噌で、来年以降の色もちを大きく左右するのです。

仕上げ塗りは施工完了後が基本です。

どうしても輸送中・施工中に傷をつけたりしますので、事前に何回塗っておいても現場でちょっと補修しただけでは綺麗になりません。

 

P1190311

楽勝の横板張りもこんなことを考えながら作業しているのです。

<その2に戻る


世界の中心・香川県高松市でウッドフェンスの工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

世界の中心でウッドフェンスを作る その2

2018年11月20日

みなさんこんにちは。アイアンウッドです。

ウッドフェンスを施工するのにあたって、一番気を使うのは柱をキチンと立てること。

これが簡単そうで実はとても大変なことです。

と書きながら、そのポイントをうまく写真では伝えることができないもどかしさも感じます。

 

初日はここまで仕上げて現場を後にしました。

P1190266

観光している間に作業が進んだのと、私ともう一人で作業をしたために二人力を合わせる場面で写真を撮ることできません。 ちょっとしたコツは別の現場で撮ったものでご覧ください。

 

P1130135

コア抜きをしたらこんな感じになります。

深さは20cm前後です。

 

P1130157

アルミの柱をキチンと立てるためには、こういう風にくさびを打ち込んで微調整をします。

って言葉で書くと簡単なのですが、この微調整が仕上がりを大きく左右しますので、一番肝心な作業。

ここをいい加減にしたら、通りが出ない俗に言う「蛇みたい」な波打ったフェンスになってしまいます。

 

P1190297

高さは最初に切ってもいいのですが、それだと数ミリ高さにずれが生じます。

プロは後から切るのですが、足場の不安定な場所での丸のこの作業は危険ですし、慣れないとかえって精度が出ません。

ましてややり直しのできない作業ですので、ここで失敗したら振り出しに戻る覚悟が要ります。

 

P1190298

上部には樹脂製のキャップを取り付けて柱工事完了です。

 

アルミの柱の切断ですが、特に変わった工具は不要です。

今回のように本数が少ないときは、木材用の丸のこで切れますし、量が多いときは刃を鉄の切断用のものに変えればOK。

木材と違って金属は滑りますが、安定した場所で、安定した体勢でカットをすればそう難しいものでもありません。

ウッドデッキネットでは、カット納品もしていますので、切るのが不安な方は長さ指定をしてご注文ください

 

<その1に戻る                                 その3に進む>


世界の中心・香川県高松市でウッドフェンスの工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

世界の中心でウッドフェンスを作る その1

2018年11月19日

みなさんこんにちは。 アイアンウッドです。

11月は穏やかな日が多くて作業日和。 こんな日にこんな場所に行くとなんだかウキウキします。

え? どこだって???

もう14年前の映画になりますが、長澤まさみがブレイクするきっかけになった「世界の中心で愛を叫ぶ」。

メインのロケ地庵治町に何度も行ったことがあるのですが、今回は映画で予習をしてから現場に臨みました。

P1190318

屋島を借景にした、防波堤。

10数年前はここで愛を叫ぶ人が多くいたそうですが、今は釣りをしているおっちゃんしかいませんね。

 

 

P1190254

ちょっとアングルを変えるとこんな風景になります。

実は屋島をこの角度で見るのはとても珍しいのです。反対側からだと、映画「県庁の星で」何度も写っているのですが、そのアングルのデッキも久しぶりに見てみたいなあ・・・

話がそれましたが、愛を叫ぶには、このブランコも必須の場所。

P1190326

こちらは借景が五剣山。

ちなみにどちらも四国88か所のお寺があって、84番屋島寺・85番八栗寺と山を登っては下ってを繰り返して最後の88番大窪寺の難所に向かうお遍路さんを良く見るのです。

 

P1190251

セットで唯一残っているのが、写真館。

場所は移築されていますが、外装・内装とも映画のまま。

 

って私がのんきに観光をしているうちに、職人さんは頑張ってくれています。

P1190245

ウッドフェンスを作るには、下地作りから。

今回は、よう壁に穴を掘ってアルミの柱を埋めます。

コア抜きカッターを使って穴を空けているところで、今日は筆をおかせていただきます。

 

その2に進む>


世界の中心・香川県高松市でウッドフェンスの工事は、ウッドデッキネットにお任せください。

北米 vs 日本 その3

2018年3月20日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

3月の後半は現場三昧。

の予定だったのですが、昨日からの長雨で早速段づいてしまいました。

予定外に事務所に居るようになりましたので、塗装の続きを書かさせていただきます。

P1160903

日本人なら外材よりも国産材を使うべし。

ということで、桧の防腐加工材にキシラデコールのオリーブ色を塗装しました。

ウエスタンレッドシダーよりも木が堅い分刷毛が滑らかにすすみます。

 

P1160907

前回紹介したウエスタンレッドシダーと、を並べてみました。

上から2枚が桧防腐加工材(キシラデコール・オリーブ色)

次の2枚がウエスタンレッドシダー・プレナー面(シェーナステイン・ウォルナット色

次の2枚がウエスタンレッドシダー・ラフ面(シェーナステイン・ウォルナット色

もう少しアップにしてみましょうか?

P1160909

この角度だと木の雰囲気も分かるかと思います。

堅くてしっかりしている桧防腐加工材。柔らかくて木目がしっかりと出るウエスタンレッドシダー

今日は桧が上だという風に書いても良かったのですが、こうやってみるとそれぞれの雰囲気の差が出て、善し悪しよりも好みの問題だということが改めて認識させられます。

1回塗りだと、下地の色がどうしても勝ってしまいます。

この後もう一度塗ったのですが、写真を取りそびれてしまいました。

ウエスタンレッドシダーは私は納材だけですので、この後はご紹介をすることができません。

の方は機会がありましたら、現場での様子もご案内したいと思っています。

<その2へ戻る


ウエスタンレッドシダーのことならウッドデッキネットへ。

北米の雰囲気をお好みの方は、現地挽き。美しさを求める方は、国内製材をどうぞ。

北米 vs 日本 その2

2018年3月8日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

前回に引き続きウエスタンレッドシダーのフェンス材の塗装の話です。

P1160890

前回お見せした材をアップにして見ました。

左がラフで右がプレナー。って書かなくても今度はよく分かるかと思います。

シェーナステイン・ウォルナットを1回塗りです。

ラフ面は黒っぽく発色をしていて、プレナー面は明るめに発色をしています。

 

P1160893

塗装中を見て頂くと、その違いがより鮮明に分かります。

これが浸透性塗料の特徴にもなります。

表面が滑らかな材だと、塗料の浸透性は悪く、本来の色がなかなか発色をせず、下地の色が透けて見えます。

前回書いたとおり、ラフ面は4倍の塗料を使っていますので、こちら下地には関係なく、塗料の本来の色に近い発色をしているのです。

ということで、なんとなく見えてきたでしょうか?

なんで北米の人はラフ面を表使いするのか?

塗料を大量に使う代わりに色もちがとても良くなります。

北米では、お父さんがDIYでペンキ塗りをするのが当たり前ですので、再塗装の頻度を少なくしたいという欲求が有るのです。

日本だと、美しい仕上がりを求める方が多いですので、将来のことよりも施工時に美しく仕上がる方が好まれます。

ですから、北米規格としては邪道になるのですが、プレナー面を表使いする方が多いのです。

という説明を15年前に輸入している人から聞いていたのですが、「本当かな???」って思っていました。

 

2010年にバンクーバーに行く機会があって、その時泊まったホテルで思わすシャッターを切りました。

P1010407

柱・梁が木製なのですが、これがまあ見事なラフ材。(ウエスタンレッドシダーではありません。SPFあるいは米松ではないかと思っています)

といっても遠目じゃ分かりませんね。

P1010410

近寄ってみるとこの通り。

材は荒いは。思いっきり割れているは。・・・

北米だとこれがOKだということを実際に見てびっくりしたのです。

 

どちらが正しくてどちらが間違いという話では有りません。

北米の人のこだわりがピンと来る方は、現地挽きを。 日本人なんだから、日本的なこだわりを重視する方は現地挽きを。

それでウエスタンレッドシダーは2種類を販売しているのですよ。

 

<その1へ戻る                                           その3へ>


ウエスタンレッドシダーのことならウッドデッキネットへ。

北米の雰囲気をお好みの方は、現地挽き。美しさを求める方は、国内製材をどうぞ。

北米 vs 日本 その1

2018年3月7日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

昨日は、ウエスタンレッドシダーのフェンスの下準備(塗装)をしていました。

フェンス板は、1×4を使うのですが、ウエスタンレッドシダーには現地挽き(カナダで製材加工した製品を輸入)と、国内製材(丸太を輸入して日本で製材加工)の2種類あります。

今回は、現地挽きを使用しましたが、北米の人のこだわりと日本人のこだわりを感じることができて楽しく作業をすることができました。

P1160880

塗装前の状況です。ウエスタンレッドシダー現地挽きの1×4は、2×4に仕上げた材を半分に割ったもので、元々2×4の表面で有った側は、プレナー・面取り。 割り返した側は、ラフです。

写真では良く分かり辛いですが、上側がプレナーが掛かっている面で、下側がラフ面です。

なんでこのような材を販売しているのでしょうか???

最初良く知らない頃は、加工費を節約することと材の厚みを多少でも厚くすることが目的だと思っていました。

片面ラフだと18mm程度の厚みがありますが、これにプレナーを掛けると16mm程度になります。

薄いと言っても充分用途には耐え得りますので、この方が良いように思うのですけど・・・

 

何はともあれ一度塗ってみましょうか。

P1160883

先日と違って、下準備の時は充分乾燥をさせる時間がありますので、シェーナステイン(ウォルナット色)をそのまま使用します。

70mmの刷毛に充分塗料を染み込ませてそれぞれの材に塗装をしてみました。

 

P1160884

プレナーが掛かっている奥の材は、一回でこの通り綺麗に塗れました。

ラフの手前に材はこの通りで、全然塗れません。 これじゃ話になりませんね。

 

P1160886

2回目でようやくこんな感じ。 荒く塗ってようやく2/3程度と言った感じでしょうか?

 

P1160888

3回目塗った後は、反対側から写真を撮ってみました。

次はなんとか全部塗装完了しそうな感じですね。

 

P1160889

4回塗ってようやくラフ面の塗装完成です。

単純に考えると、塗料の使用量・作業時間を考えるとラフを使う理由が分かりません。

ラフにすることで加工費は安く上がりますが、塗装費を考えるとプレナーを掛けた方が却って安価になるんですよね。

ここまでのことを考えると、現地挽き駄目駄目じゃないですか?

 

 

果たしてこんな単純に考えていいものなのでしょうか???

その2に進む>


ウエスタンレッドシダーのことならウッドデッキネットへ。

北米の雰囲気をお好みの方は、現地挽き。美しさを求める方は、国内製材をどうぞ。

 

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。