HOME › ウッドデッキのある風景 › 海外にて

ウッドデッキのある風景

Vetedy 大阪に入荷しました

2022年5月19日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

偶数日の20時はYoutubeを見ていただいていますか?

まだまだ取り貯めていますので、この先も継続して偶数日の20時に動画公開を続けます。

 

DIY企画の最中でしたが、途中Vetedyネタを入れました

samne_hiikiya

HPでSoftLineの価格公開もいたしました

2月からYoutubeで先行公開をしてきましたが、販売や施工の体制が整いましたので、是非全国の方は材のご注文を。 私が走れる範囲(四国と山陽・関西)の方は、工事込みでのご注文を心待ちにしております。

Youtubeで紹介していますが、ノンビスのハードウッドで、本当に素足でるけるウッドデッキです。

大阪府のこども園で、0歳児がハイハイしているウッドデッキも動画公開をしております

samne_onodai

こちらの園長さんが、再生木材にしなかった理由も話してくれていますので、動画でご覧ください。

 

10年以上経過しても美しい経年変化をするノンビスのハードウッドのウッドデッキは、これまで見たことがありませんでした

samne_hareruya

こちらの動画で、11時関西空港発シンガポール航空のことを話しています。

私のチャンネルのプロフィール写真はこちらをトリミングして使っています

P1200693

この写真は、2019年1月1日AM11時54分にシンガポール・マリーナベイサンズの屋上展望台で撮りました。

私が見ている方のアングルだとこんな感じ

P1200682

日本では絶対に許可になりませんが、200mの高さにも関わらずシースルーの展望台。

メッチャ広いノンビスのウッドデッキに多くの人が思い思いの場所に居て、360度パノラマと言いたいのですが、180度で、南北プラス東の景色を見ることができます。

 

 

西側は、宿泊者しか入ることができない無限プール。

これも絶対に日本じゃ許可になりませんが、200mの高さで手すりもなくて、プールの水が高層ビル群に向かって流れ落ちて行くような錯覚に陥ります。

P1200655

もちろんプールサイドにもハードウッドのノンビスウッドデッキが敷き詰められています。

 

地上に降りると、屋上の数十倍の広大なノンビスハードウッドデッキ

P1200894

このウッドデッキが、Vetedy Softline

世界基準のノンビスハードウッドデッキ。 貴方の家におひとつどうですか?

 

 

 

 

 

業務連絡 業務連絡

Vetevy Singapore 表敬訪問しませんか?

ついでにカウントダウンパーティ楽しみませんか?

ご賛同者は2022年12月29日AM9:00 関西空港第一ターミナル4Fに集合でよろしくお願いします

2018-19父子で行ったカウントダウンの旅はこちらでご覧ください>>>

 


ノンビスハードウッドシステムVetedySoftline 入荷しましたので、これから全国でどんどん施工しますよ!!

ついでに海外まで施工しに行きますか!!(って冗談ではなくて、本当に知り合いでシンガポールのガーデンバイザベイで施工した人が居ますので、そっちをリンクしておきます

年末年始はのんびりしていました

2020年1月8日

みなさん こんにちはアイアンウッドです。

年末のあわただしさから解放されて、12月30日の午後高松空港にいました。

が・・・

IMG_9602

なにこれ???

滑走路が霧で見えない。

かろうじて飛行機がうっすら見える程度のとんでもない濃霧。しかもどんどん霧が深くなってきて、「高松空港に着陸を試みましたが、悪天候のため上空で待機をしています。」というアナウンスが何度も聞こえました。

ANAは数十分遅れで着陸したというアナウンスがあったのですが、JALは別の空港に向かったために折り返し便が欠航とのこと。

3時間前についているはずのソウル行もいまだに高松には到着せずという状況で、私の乗る便の情報も錯綜をしていました。

結局私が乗る予定の便は高松に降りるのをあきらめて関西空港に行っちゃいました。

 

翌朝関空から飛行機を回送してきて、31日10時半発に変更になるということで、まさか出国から2時間後に再入国(パスポートのスタンプは出国取り消し)。

1日予定が短縮されましたが、なんとか旅行に行くことはできました。

IMG_9800

2020年は、香港のビクトリアハーバーのカウントダウンで幕開け。

例年なら湾を埋め尽くす大花火大会なのですが、今年はビルのレーザー光線と、ビルから打ち上げる小規模な花火に変更されていました。

その原因となったデモ隊は、私たちの真後ろにいます。

P1240449

観衆の1/3程度はデモ隊で、カウントダウンイベントの前後でシュプレヒコールを揚げていました。

といってもこの人たちは穏やかなデモで、観衆も一緒になって声を上げていて、警官隊も全く制止をすることはなくて、カウントダウンイベントが終了するとみんな楽しそうに家路についていました。

 

観光のことは置いておいて、ウッドデッキネタを一つ

P1240434

ビクトリアハーバーを望むウッドデッキ。

イペのような雰囲気のハードウッドでした。

海辺のウッドデッキ。国内外を問わず絵になるものです。

 


2020年もウッドデッキに役立つ情報を四国香川・愛知名古屋から発信します

ウッドデッキネットをよろしくお願いいたします

日本人とは少し違う使い方

2019年1月8日

皆さん こんにちは。 アイアンウッドです。

もう少しだけシンガポールネタを続けます。

マリーナベイサンズには、天空プールと同じ高さの展望デッキもあります。

P1200674

こちらも広いハードウッドのウッドデッキで、一番端まで行くことができますので、プール同様地上200mからの絶景を楽しむことができます。

で・・・

ウッドデッキの真ん中で写しているのは世界中で私くらいなのですが、途中で床板の張り方向が変わっているのが分かりますでしょうか?

P1200687

床板のエンドを互い違いにしているのですが、こうすることで光の加減で床板の色が左右で違って見えるのです。

日本じゃこんな収まりはあまりお目に掛かりませんが、面白いやりかたです。

 

高層ビルを望む「シティビュー」の反対側は「ガーデンビュー」。

P1200651

広大なガーデンバイザベイの向こうに無数の船が見えて、こちらも圧巻です。

と言っても今日は観光ガイドじゃなくて、木の面白い使い方。

P1200830

ガーデンバイザベイに行く途中にいくつかこういったベンチがありました。

ハードウッドの薄板(20×40程度)を組み合わせてベンチを作っています。

ウッドデッキネットで販売しているのだと、ビリアン(ウリン)に20×45があるので一度それでチャレンジしてみようかな?

 

P1200832

べンチだけアップにすると日本にも有りそうだけど、歩いている人を背景に撮ると、外国らしいでしょ?

 

 

P1200779

フェンスはこんな感じで、凹凸が目を楽しませてくれるようになっていました。

写真の撮り方がもう一つで、樹脂っぽく見えますが、これもハードウッドです。

 

もちろん変わったところばかりじゃありません。

P1200823

水辺の遊歩道は延々と続く、ハードウッドのボードウォーク

広大な敷地に一体どれだけの木材を使っているんでしょうねぇ?

 

<戻る


ウッドデッキのことならウッドデッキネットへ

明けましておめでとうございます

2019年1月7日

みなさん 明けましておめでとうございます。

2019年の仕事始めは穏やかな一日で、今年一年が今日のような穏やかな一年になりますことを期待いたします。

 

私は5年前に失った記録を取り戻しにシンガポールに行ってきました。

毎日夜更かしをして、街をうろうろ。 と言っても未成年の子ども連れですので、健全な場所を選んで楽しんできました。

P1200517

ウッドデッキネタとは関係有りませんが、カウントダウンの花火。

11時から延々1時間以上続く大花火大会で、とっても良かったですよ。

 

P1200655

やっぱりお約束のこの風景。

前回と違うのは、私のアングルには、ウッドデッキを必ず写り込ませていること。

樹種不明のハードウッドのウッドデッキがビーチサイドにずっと張り巡らされています。

前回も少しだけ傷んでいるところが気になったのですが、さすがに少しくたびれてきていて・・・

P1200868

ありゃりゃ???

一部再生木材に張り替えられていました。(全体の1割程度)

P1200851

天然木のウッドデッキが見られるのも果たしていつまででしょうか?

世界一高いところのプールを満喫したら、グラウンドレベルに目を移してみましょうか。

 

P1200894

マリーナベイを取り囲む広大なウッドデッキがあって、こちらも一部張り替えられていますが、天然木のまま。

ここでは私ではなくてもウッドデッキが入るアングルで写真を撮りますよね

朝晩ジョギングをしている人をよく見ますし、毎晩ウォーターショーが開催されていて多くの人に使われているウッドデッキです。

 

建物の反対側はどうでしょうか?

P1200732

ガーデンバイザベイに通じる橋がハードウッドのウッドデッキ

ここでこのアングルで写真を撮っていたのは私だけ。

普通は上をみあげますわな。

ってな感じで、南の島を満喫してきました。

 

人ってうまくできていて、30度の国でも5度の国でもすぐに順応します。

常夏の想い出は胸にしまって、寒い日本で今日から頑張らなくっちゃ。

 

 

つづく>


ウッドデッキのことならウッドデッキネットへ

明けましておめでとうございます

2017年1月5日

皆様 明けましておめでとうございます。

去年やり残した現場があるので、明日からは寒空の中作業に励みますが、今日は一日事務所でヌクヌク過ごさせていただいています。

ヌクヌクと言えば、年末はもっとヌクヌクしていました。

去年と違って、今年は関西空港から飛んだのですが、途中これに乗りました。

p1110018

500TypeEva。 いやあ大陸のと違って、日本の新幹線は楽しいですゎ。

っておまけは置いておいて、こんなの見てきました。

p1110110

すさまじい通勤ラッシュ。 写って無いけど、たまに自転車もこの中に紛れています。

TVで見て、一度実物を見たいと思って行きましたが、想像以上の光景でした。

p1110386

熱気を冷ますには、アイスモンスターのマンゴーかき氷。

いやはや、年末にこんなのを食べるとは思いませんでした。

p1110522

カウントダウンは、高さ500mのビルが火だるまになる花火。

こんな感じで、ビル中から花火を打ち上げます。

101a

私は、このアングルから見ていたのじゃなくて、この建物の中から花火を見ていたんです。

101b

自分のいる場所から、市街地に向けて打ち降ろされる花火。おそらく日本では許可になることはないと思われるとても貴重な体験をしました。

写真じゃしょぼいですが、花火と市街地の夜景を撮ろうと思うと、これくらいの光量が限界。

クライマックスの写真だとこうなっちゃいます。

101c

いやはや人のパワーに圧倒されっぱなしの年末をちょっとだけ南の島で過ごさせていただきました。

次回からは、ウッドデッキネタ満載でがんばります。


間もなくソフトウッドetc.もカート利用ができるようにいたします。

新生ウッドデッキネットを今年もよろしくお願い致します。

 

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。