HOME › ウッドデッキのある風景 › 腐ったウッドデッキから学ぶこと シーズン2 第五話

ウッドデッキのある風景

腐ったウッドデッキから学ぶこと シーズン2 第五話

2021年8月8日

皆さんこんにちは。 アイアンウッドです。

前回と同じ、ゴールデンウィーク明けに奈良県香芝市で現調したこのお宅ですが、20年経過したヒノキのウッドデッキ材

P1290066

柱から左の部分に屋根が掛かっているとはいえ、何この美しさ。

これなら、最低限の補修でもまだまだ持つんじゃないの?

ソフトウッドだと数年しか持たないという人も多いですが、こんな綺麗な例を見たことがあるんでしょうか???

2か所続いて、20年経過しているソフトウッドのウッドデッキを見て、針葉樹も捨てたもんじゃないなあ。

と言うことを改めて感じました。

 

これじゃ私の仕事がありませんので、痛んだ場所を検証していくことにします。

まずは、仕口の腐り。

IMG_20210508_141244

これは結構見られるのですが、大工さんはいい仕事をしているんです。

ただ、内装と外装では注意すべき点が違うことに気づいていないだけなんです。

手摺は全部同じ仕口で、柱と手すり材の接点はかなり腐朽が進んでいました

 

IMG_20210508_141337

階段はダメですね

ささら方式は、見た目は綺麗なのですが、下から受けていないことと、結構上からの荷重を強く受けますので、ビスが抜けたり、腐ったりすることをよく見かけます

それと、この部分の束石が浮いているのですが、これがこのお宅の最大の問題点でした。

粘土質の土で、ウッドデッキが少し沈んでいました。

お客様がそれを気にして掘り返していましたので、このように外周部分の束は下部が露出していました。

 

このお宅では、

環境面では、粘土質が致命的な他は特段のマイナス点はありません。メインン部分に屋根が掛かっているのは◎。 ただ、屋根が掛かっていない部分も床板も健在でした。

構造面は、仕口をいい仕事をしていたのが裏目に出ていました。

樹種は、ヒノキで、20年経過しているとは思えないほど良い状態ですので、特にコメントすることも無いかと思います。

メンテナンスは、まだ塗料が残っていましたので、お客様が塗っていたのかと思います。

 

2件続けて20年持っていて、まだしばらく持ちそうなウッドデッキを見ました。

最低限の補修と、張替えと2案提示して、お客様の回答を待つことにしました。

 

<第四話に戻る

 


奈良県香芝市でウッドデッキ工事なら、ウッドデッキネットへ

木材劣化診断士の資格者がきちんと診断・アドバイスをいたします。

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。