HOME › ウッドデッキのある風景 › 塗料が定着しない・・・ その2

ウッドデッキのある風景

塗料が定着しない・・・ その2

2017年12月11日

みなさん こんにちは。 アイアンウッドです。

ビリアン(ウリン)のウッドデッキの足元に前回試しに3種類の塗料を塗ったのが、11月11日

それから10日以上経過した11月23日に再び現場(香川県丸亀市)に戻ってみました。

P1150778

水性塗料を剥がさずに塗った油性のシェーナステインは全く駄目駄目で、ムラだらけでとても使い物にはなりませんでした。

これは最初から分かっていたことでしたが、水性塗料の上から油性塗料を塗るのはNGです。と言うことを改めて再確認をした次第です。(全て剥がしてから再塗装をすればOKですが、その手間が大変な作業になります)

水性のキシラデコールコンゾランと、バトンプラスはどちらもいい感じになりました。

どちらを勧めても良かったのですが、今回は私の勉強のために、バトンプラスを採用することにします。

上の写真が、バトンプラスを試し塗りしたもので、既存のデッキの色と違和感なく仕上がっていました。

P1150780

水性バトンプラス。初めて使いましたが、良く伸びて塗りやすいです。

水性塗料にありがちな、塗っているうちに乾いて固まるということも無く、刷毛の後始末も水洗いできてとても楽。

やっぱり食わず嫌いは駄目だな。 と改めて感じた次第です。

P1150785

下地を軽くウエスで擦って、バトンプラスを1回刷毛塗りしたら、見違えるように美しくなりました。

さあ問題は、こんなやり方で定着していなかった水性塗料の粉が止まるかどうかですよね。

まだ綺麗になるかが半信半疑ですので、試したのは手摺のみで現場を後にしました。

 

 

それから1週間以上経った12月4日。再び現場を訪れました。

P_20171206_123825.jpg

ドキドキしながら擦ってみたらこの通り。

キチンと定着しましたし、既存の塗料の粉も押さえこみました。

いやあ。これ良いですね。 今まで水性塗料の上塗りもNGだと思っていましたが、どうやらなんとかなるみたいです。

今回の実験で使った、水性バトンと、キシラデコールコンゾランは、HPでは紹介していませんが、販売は可能です。

ご希望の方は、Eメールでお問い合わせください。

 

その1に戻る


外部に役立つ木材のことならウッドデッキネットへ

四国香川と名古屋より皆様に役立つ情報を提供しています

 

 

ウッドデッキネット ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお手元に届くまで

商品ページよりご希望の商品をカゴに入れて、購入手続きに進んでください。
頂いた情報を元に先ずはお見積もりを作成致します。
ご希望の商品の在庫確認・見積もり用に情報をご入力頂きますが、この時点では注文確定ではありませんのでご請求を行うこともありません。ご安心ください。
見積もり、納期についてはご入力いただいたメールへ返信いたします。
詳しい流れについてはこちらをご参照ください。

お支払い方法について

お支払いは各種クレジットカード、銀行振り込みにてお願いいたします。
一部商品に関しては、代金引換、現金引換もご選択いただけます。
手数料はお支払い方法・ご注文内容によって異なります。
ウッドデッキネット ご利用可能なカードの種類
詳しい内容はこちらをご確認ください。

お届け・送料について

木材の配送に関しては、路線便、混載便、チャーター(一部大手宅配)、船便配送をいたします。
ご依頼の内容により一番スムーズな配送方法を提案いたします。
送料や納期に関しては、個別にご案内をいたします。
詳しい内容はこちらをご確認ください。